間島冬道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

間島 冬道(まじま ふゆみち、1827年11月26日文政10年10月8日)- 1890年明治23年)9月30日)は、江戸時代後期から明治時代の武士勤皇の志士として活動した。また歌人であり、政治家銀行家である。初名は正興、正休。通称は万次郎。子に銀行家で歌人の間島弟彦他。孫に閨秀画家の池田蕉園がいる。

略歴[編集]

文政10年(1827年)10月8日に、尾張藩士として生まれる[1]。植松茂岳に国学を学び、継いで和歌を熊谷直好に学んだ。

明治維新後、貢士となり、後に刑法官判事となる[2]。明治2年(1869年)の東京奠都に従い東上し、大宮県知事、名古屋県参事、宇和島県権令を歴任する[3]。明治10年(1877年)、第十五国立銀行開業に当たり要職に就任する[4]

明治5年(1872年)に職を辞して歌人としての活動に精力を注ぎ、明治19年(1886年宮内省御歌所寄人となり、明治六歌仙の一人と呼ばれる。

明治23年(1890年)9月30日、肺がんのため死去、享年63歳[5]。同年9月25日付で正五位を贈られる[6]。東京都の谷中霊園に眠る[7]

書籍[編集]

  • 間島弟彦編 編 『冬道翁歌集』 上、間島弟彦、1910年9月30日。 NCID BA32189680全国書誌番号:54012368 
  • 間島弟彦編 編 『冬道翁歌集』 下、間島弟彦、1910年9月30日。 NCID BA32189680全国書誌番号:54012368 
  • 間島弟彦編 編 『間島冬道翁全集』 上、間島弟彦、1919年11月30日。 NCID BN12920045全国書誌番号:43021092 
  • 間島弟彦編 編 『間島冬道翁全集』 下、間島弟彦、1919年11月30日。 NCID BN12920045全国書誌番号:43021092 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小伝間島弟彦 1977, p. 1.
  2. ^ 小伝間島弟彦 1977, pp. 1–2.
  3. ^ 小伝間島弟彦 1977, p. 2.
  4. ^ 小伝間島弟彦 1977, p. 3.
  5. ^ 小伝間島弟彦 1977, p. 4.
  6. ^ 「叙任及辞令」『官報』第2177号、印刷局、1890年9月30日、 5頁、 NDLJP:2945430/3
  7. ^ 小伝間島弟彦 1977, p. 6.

参考資料[編集]

  • 日本人名大辞典
  • 青山学院資料センター編 編「第一章 父冬彦翁と弟彦の誕生」 『小伝 間島弟彦』青山学院、1977年11月16日、1-6頁。 NCID BN14191139全国書誌番号:78005125 

外部リンク[編集]