間塚道義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

間塚 道義(まづか みちよし、1943年10月17日 - )は、日本実業家富士通代表取締役会長兼社長や、同社取締役会長、情報通信ネットワーク産業協会会長、日本知的財産協会会長などを務めた。

略歴[編集]

東京都出身。神奈川県立希望ヶ丘高等学校を経て、1968年学習院大学経済学部経済学科卒業[1]後、富士通ファコム入社。1971年富士通に転社。1999年常務理事兼産業営業本部長。2001年取締役東日本営業本部長[1]。2002年執行役。2003年経営執行役常務。2005年取締役専務。2006年代表取締役副社長。2008年代表取締役会長。2009年代表取締役会長兼社長。2010年代表取締役会長。2012年取締役会長。2014年社内定年規定に従い取締役相談役に退いた[2][3]。2015年日本コンクリート工業取締役。2016年アマダホールディングス取締役。2018年富士通の相談役・顧問制度廃止に伴い同社シニアアドバイザーに就任。同年月島機械取締役[4][5]情報通信ネットワーク産業協会会長[6]、全国地域情報化推進協会会長[7]日本知的財産協会会長[8]なども務めた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]


先代
秋草直之
富士通会長
2008年 - 2014年
次代
山本正已
先代
野副州旦
富士通社長
2009年 - 2010年
次代
山本正已
先代
岡本一雄
日本知的財産協会会長
2013年 - 2015年
次代
田中稔一