開聞上野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 鹿児島県 > 指宿市 > 開聞上野
開聞上野
1974年ごろの上野付近の航空写真[1]
1974年ごろの上野付近の航空写真[1]
開聞上野の位置(鹿児島県内)
開聞上野
開聞上野
北緯31度12分47秒 東経130度33分39秒 / 北緯31.21306度 東経130.56083度 / 31.21306; 130.56083
日本の旗 日本
都道府県 鹿児島県の旗 鹿児島県
市町村 指宿市
地域 開聞地域
人口
2010年10月1日現在
 • 合計 496人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
891-0601

開聞上野(かいもんうえの)は、鹿児島県指宿市大字。旧薩摩国頴娃郡頴娃郷仙田村の一部、揖宿郡今和泉郷利永村の一部、揖宿郡今和泉村大字利永の一部、揖宿郡利永村の一部、揖宿郡開聞町大字上野。人口は496人、世帯数は187世帯(2010年10月1日現在)[2]郵便番号は891-0601。

地理[編集]

指宿市の南部、池田湖の南岸部に位置する。字域の南方から西方にかけては指宿市開聞仙田、東方には指宿市山川利永がそれぞれ隣接しており、北方は池田湖に面している。

字域の南部に集落が集中しており、開聞仙田との境界上を流れる新川流域には耕地がある[3]。また、南部の集落付近を鹿児島県道241号大山開聞線が通っている。

湖沼[編集]

山岳[編集]

  • 鍋島岳 - 字域の東部に位置する[3]南薩火山群の一つで池田湖の南縁に形成された溶岩ドーム。

歴史[編集]

上野の前史[編集]

上野は延享元年までは仙田村(現在の指宿市開聞仙田)の一部であり、現在の開聞上野にあたる区域は上野方限を形成していた[4]

延享元年に島津忠卿応永24年に川辺城の戦いで和泉家当主であった直久が戦死して以降、断絶していた和泉家を継ぎ、今和泉島津家と称し、その際に指宿郷及び頴娃郷の一部から今和泉家の私領として今和泉郷が編成された[5]。これに伴い仙田村のうち上野方限及び尾下方限の区域が割譲され、利永村が編成され、上野方限は今和泉郷利永村のうちとなった[4]

1889年明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、それまでの今和泉郷の全域より今和泉村が成立し、江戸時代からの利永村は今和泉村大字利永となった[4]1948年昭和23年)9月1日には今和泉村のうち大字利永の区域より利永村が設置された[6]

大字上野の設置[編集]

1955年昭和30年)に利永村のうち上野地区(人口:834人)の区域が開聞村に編入されることとなり(その他の区域は山川町へ編入)、同時に開聞村が町制施行し開聞町となり、上野地区の区域より開聞町の大字「上野」が設置された[7][8]

2006年平成18年)1月1日には開聞町が指宿市及び山川町と新設合併し、新制の指宿市となり、大字名はそれまでの大字名に自治体の名称を冠したものに改称することとなり、大字上野は指宿市の大字「開聞上野」となった[9][10]

字域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
開聞町大字上野 1955年昭和30年) 利永村(大字なし)
山川町大字利永

施設[編集]

郵便局
  • 上野簡易郵便局
寺社
  • 上野神社

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[11]

大字 地区 小学校 中学校
開聞上野 全域 指宿市立開聞小学校 指宿市立開聞中学校

交通[編集]

県道241号大山開聞線

道路[編集]

県道

鉄道[編集]

開聞上野の字域内には鉄道が通っていない。最寄駅は開聞十町にある指宿枕崎線東開聞駅又は薩摩川尻駅である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  2. ^ 2.男女別人口及び世帯数 - 町丁・字等(CSVファイル)( 平成22年国勢調査 小地域集計 46鹿児島県) - 総務省統計局 2012年7月25日閲覧。
  3. ^ a b 角川日本地名大辞典 p.848
  4. ^ a b c 角川日本地名大辞典 p.456
  5. ^ 角川日本地名大辞典 p.116
  6. ^ 昭和23年総理庁告示第160号(村の廃置分合、Wikisource-logo.svg 原文
  7. ^ 『開聞町史 改訂版』 p.272
  8. ^ 角川日本地名大辞典 p.127
  9. ^ 平成18年鹿児島県告示第1号(字の名称の変更、Wikisource-logo.svg 原文
  10. ^ 新市の住居表示 - 指宿市 2013年9月6日閲覧。
  11. ^ 指宿市小学校及び中学校の通学区域に関する規則 - 指宿市 2013年9月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名体系 47 鹿児島県の地名』平凡社、1998年。ISBN 4-582-49047-6
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店、1983年。ISBN 978-4040014609

関連項目[編集]

座標: 北緯31度12分47秒 東経130度33分39秒