開福寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
弥勒殿。
鼓楼。
鐘楼。
舍利塔。
大悲殿。

開福寺(かいふくじ)は、中華人民共和国湖南省長沙市開福区にある臨済宗楊岐派の寺である[1]

歴史[編集]

五代十国時代後唐天成2年(西暦927年)に建立された。では、時の住持の紫珂が改修を主導した。洪武から嘉靖にかけて再び改修された。康熙帝の時、卜世龍、周召南、郎永青、李栄宗等が出資してまた改修した。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。同年の10月10日、第一批湖南省文物保護単位に指定された。2004年11月、湖南省仏教協会と長沙市仏教協会が寺内に設立された[2][3]

伽藍[編集]

主な住僧[編集]

  • 保寧(後唐、開山祖師)
  • 洪蘊(
  • 紫珂(宋)
  • 進英(宋)
  • 道寧(宋)
  • 守智(宋)
  • 月庵善果(宋)
  • 老衲祖證(宋)
  • 月林師観(宋)
  • 無門慧開(宋)
  • 法燈覚心(日本
  • 徹當(
  • 仏国(
  • 寄禅(清)
  • 笠雲(清)
  • 海印(中華民国
  • 明真(中華人民共和国)
  • 能淨(今住持)[4]

脚注[編集]

  1. ^ 《湖南長沙開福寺》” (中文). 鳳凰網. 2010年2月4日閲覧。
  2. ^ “千年古刹開福寺”. (2012年). http://ameblo.jp/longquan/entry-11259351734.html [出典無効]
  3. ^ 《長沙将再現開福寺十六景》” (中文). 網易. 2011年1月5日閲覧。
  4. ^ 《湖南長沙開福寺将于10月8日舉行方丈升座慶典法会》” (中文). 仏教在線. 2007年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯28度13分26秒 東経112度58分37秒 / 北緯28.223907度 東経112.977065度 / 28.223907; 112.977065