開目抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

開目抄(かいもくしょう)は、日蓮の代表著作で五大部の一つ。

1272年文永9年)佐渡の塚原三昧堂で撰。身延山久遠寺の真跡本は1875年明治8年)の身延大火で焼失したが日乾1604年慶長9年)に書写した真跡対交本が京都の本満寺に現存する。

参考資料[編集]

  • 渡辺宝陽、中尾尭 監修『日蓮 久遠のいのち』平凡社 別冊太陽 日本のこころ206 2013年
  • 創価学会教学部編『世界広布の翼を広げて「開目抄」』(聖教新聞社、2016年 ISBN 978-4-412-01593-7
  • 堀日享編『創価学会版 新編 「日蓮大聖人御書全集」』 創価学会 (2003年6月30日 第231刷)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]