系 (自然科学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
開放系から転送)
移動先: 案内検索

自然科学における(けい、英語: system)とは、宇宙世界、ユニバース、the universe)の一部のうち、考察の対象として注目している部分である[1][2]。分野や考察の内容に応じて力学系生態系太陽系、実験系などというように用いられる。システムの記事も参照。

宇宙のうち、系ではない考察の対象としない部分は外界英語版という。これは外界が系に比べて非常に大きく、外界が系に影響を及ぼして系の状態の変化を引き起こすことがあっても、系が外界に及ぼす影響は無視できるとする仮定の下に考察の対象から外される。外界の状態は、常に一定であるとしたり、単純な変化をしたりと、考察の前提として仮定される。また、観測者は外界にいるものとして通常は考察の対象とされない。

熱力学的な分類[編集]

熱力学の観点では、系は外界との間で許されるエネルギーの移動の形態から分類される。 熱力学において考察されるエネルギーの移動の形態は、仕事、および物質(質量)の移動に伴うエネルギーの移動である。ここでいう仕事とは、ピストン-シリンダ系のような変位の積として表される機械的な仕事だけではなく、電気的なエネルギーの移動など、熱力学に依らずに考察が可能なエネルギーの移動である。質量の移動とは、例えばガソリンエンジンであれば、燃焼室へのガソリン空気の吸入や、燃焼後の排気などである。ガソリンなどの燃料は、化学的なエネルギーを内在しており、燃焼に伴ってそれが放出される。すなわちガソリンの吸入はエネルギーの流入である。 燃焼という急激な化学反応を伴う状況に限らず、部屋の換気でも室内外の温度や湿度の異なる空気の交換に伴いエネルギーが移動する。

外界との間で物質の移動を許す系は開放系(開いた系、open system)、物質の移動を許さない系は閉鎖系(閉じた系、closed system)と呼ばれる。閉鎖系のうち、外界との間で熱の移動を許さない系は断熱系adiabatic system)と呼ばれる。さらに、あらゆるエネルギーの移動を許さない系は孤立系isolated system)と呼ばれる。 外界との関係に制限がある系では、その制限に応じた法則が成り立ち、孤立系ではエネルギー保存則、断熱系ではエントロピー増大則、閉鎖系では質量保存則[注 1]が成り立つ。

系が熱を交換する外界は熱浴heat bath)と呼ばれ、質量を交換する外界は粒子浴(particle bath)と呼ばれる。

[編集]

容器につめられた気体集合の場合もあれば、特定の溶液を受けた、与えた物体または細胞内、機関内などの場合もある。

開放系
閉鎖系
  • 大きな水槽の中に沈めた、栓の閉まったフラスコ
  • 温室
  • 特定ののみを外界と受けたり与えたりする物体
孤立系
  • 断熱材で完全に覆ったフラスコ

脚注[編集]

  1. ^ 特殊相対論的な質量のエネルギーへの転換は考えない場合に限る。
  2. ^ 生物の場合、熱力学的に見ると全て開放系に属しており、ホメオスタシスや運動の自律性をはじめとした生物の基本特性のうちの幾つかは、これを基礎としている[3]

出典[編集]

  1. ^ Peter Atkins; Julio de Paula; 千原秀昭, 稲葉章訳 『アトキンス物理化学要論』 (4版) 東京化学同人、2007年、37頁。ISBN 978-4-8079-0649-9 
  2. ^ 土井勝 『物理学入門』 日科技連、2005年、46頁。ISBN 4-8171-9068-X 
  3. ^ 生物学辞典(岩波書店

関連項目[編集]