開心那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
開 心那 Skateboarding pictogram.svg
個人情報
全国代表日本の旗 日本
生誕 (2008-08-26) 2008年8月26日(13歳)
北海道の旗北海道虻田郡倶知安町[1]
スポーツ
日本の旗 日本
競技スケートボード
種目パーク
クラブWHYDAH GROUP
成績・タイトル
最高世界ランク9位 (2021年)
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 スケートボード
オリンピック
2020年東京 パーク
X Games
2019 ボイシ パーク

開 心那(ひらき ここな、2008年8月26日 - )は、日本スケートボーダー

経歴・人物[編集]

北海道虻田郡倶知安町生まれ[1]苫小牧市に在住[2]

5歳で競技を始め、地元から札幌にある練習場に通う生活を送る[2]

2018年に出場した日本スケートボード選手権では4位、翌2019年の同大会では当時10歳で初優勝[3]。同年のデュー・ツアー英語版アメリカ合衆国)では3位に入った[4]

2020年東京オリンピックの選考対象大会である2021年5月のデュー・ツアーで5位に入り、中村貴咲を抜いて世界ランキング日本勢3番手についたことで、日本代表入りした[3]。12歳11ヶ月での夏季オリンピック出場は、日本人史上最年少とされる[注 1]

2021年8月4日、2020年東京オリンピックのスケートボード・女子パーク決勝にて59.04点をマークし、銀メダルを獲得した[5][6]。12歳11ヶ月でのメダル獲得となり、これにより、同競技の女子ストリートで金メダルを獲得した西矢椛の13歳10ヶ月を更新し、日本選手史上最年少でのメダリストとなった[6][7]

逸話[編集]

名前の由来は母がココナッツ好きだったことによる[2][8]。なお心那自身は「ココナッツは好きではない」と語っているそう[8]

戦績[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 戦前の大会等では生年月日が不明な選手が多数おり、記録が残る範囲の選手に限る。従来の最年少出場者は1968年メキシコシティーオリンピックの競泳競技に13歳5ヶ月で出場した竹本ゆかり。なお、日本オリンピック委員会はボイコットした1980年モスクワオリンピックの競泳競技に出場予定だった当時11歳11か月の長崎宏子をオリンピック代表選手に認定している。

出典[編集]

  1. ^ a b "日本最年少メダリスト育んだ「ガリガリ」 開心那、滑り続ける才能". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 4 August 2021. 2021年8月4日閲覧
  2. ^ a b c 【こんな人】スケボー12歳の開心那は「ココナツ」から 北海道生まれ”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。
  3. ^ a b "スケボー12歳開心那が五輪代表入り確実に、日本人史上最年少出場へ". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 24 May 2021. 2021年8月4日閲覧
  4. ^ "スケードボード開心那、銀メダルは「重いです」 日本最年少12歳". デジタル毎日. 毎日新聞社. 4 August 2021. 2021年8月4日閲覧
  5. ^ 四十住さくらが涙の金メダル 開心那が銀 スケボー女子がまた快挙!”. デイリースポーツ online. 株式会社デイリースポーツ (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。
  6. ^ a b c スケボー12歳開心那が銀メダル「すごく楽しかった」西矢抜き日本人最年少”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。
  7. ^ 四十住、開、ブラウン 仲良し3人が声そろえ「ありがとうー!」 メダリスト会見”. デイリースポーツ (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。
  8. ^ a b "【スケートボード】開心那 ココナッツは世界一 夏季五輪史上最年少代表 "12歳の夏"". FNNプライムオンライン. フジニュースネットワーク. 12 July 2021. 2021年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月4日閲覧

関連項目[編集]

  • 平野歩夢 - 冬季五輪における日本人最年少メダリスト
  • 稲田悦子 - 冬季五輪における日本人最年少出場者

外部リンク[編集]