開平府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

開平府(かいへいふ)は、モンゴル帝国元朝)のクビライ・カアンモンゴル高原に建設した町。のちに開平府は、上都と呼ばれた。開平府は、元朝の首都ではなく、春から秋にかけてハーンの宮廷がモンゴル高原の各地を移動中の補給地であった。[1]西洋ではザナドゥ(Xanadu あるいは Xanadumoo、Zanadu、Shangdu)とも呼ばれる。

関連項目

  1. ^ 「皇帝たちの中国」岡田英弘 著 ISBN 4-562-03148-4