門間貴志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

門間 貴志(もんま たかし、1964年3月17日 - )は、日本の映画研究者、明治学院大学文学部芸術学科教授。

来歴[編集]

秋田県潟上市生まれ。秋田県立秋田西高等学校を経て、1986年多摩美術大学美術学部芸術学科卒業。在学中は映像演出研究会で8ミリ映画を制作。1986年よりシードホール西武百貨店渋谷店)にて映画上映、美術展、演劇公演の企画運営スタッフとして勤務。1995年、BOX東中野勤務、山形国際ドキュメンタリー映画祭フィルム・コーディネーターなどを経て、2003年より明治学院大学助教授、2017年より現職。別名、懐田荘一。

著作[編集]

  • 「アジア映画にみる日本Ⅰ 中国・香港・台湾編」(社会評論社 1995年)
  • 「アジア映画にみる日本Ⅱ 韓国・北朝鮮・東南アジアほか編 」(社会評論社 1996年)
  • 「欧米映画にみる日本」(社会評論社 1996年)
  • 「朝鮮民主主義人民共和国映画史 建国から現在までの全記録」(現代書館 2012年)

編著[編集]

石坂健治・市山尚三・野崎歓・松岡環・門間貴志監修『アジア映画の森 新世紀の映画地図』(作品社 2012年)

外部リンク[編集]