門脈圧亢進症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

門脈圧亢進症(もんみゃくあつこうしんしょう)は、門脈圧が上昇する疾患群。

概念[編集]

門脈圧が上昇する病気をまとめて門脈圧亢進症と言う。

病態[編集]

腸管から吸収された栄養や毒素は、門脈系を通って肝臓内で処理されたのち、下大静脈を通って全身へと送られる。肝硬変などにより門脈圧が上昇して逃げ場を失った血流は、臍静脈左胃静脈下直腸静脈等を迂回して肝臓を介さずに直接体循環へ流れる。本来の道筋をショートカットする事を短絡シャント)と言い、門脈系から門脈を経ずに体循環へ流れる事を門脈体循環短絡という。

原因[編集]

門脈は消化管から肝臓へ流れる血管であり、肝臓の前、肝臓の中、肝臓の後ろの血管が詰まることで門脈圧は上昇する。阻害部位によって以下のように分類される。

症状[編集]

腹部静脈の怒張。その他、門脈圧亢進の原因となる疾患によってさまざまな症状を呈する。(肝硬変ではクモ状血管腫手掌紅班など)

合併症[編集]

  • 肝性脳症
    肝臓障害による神経障害を肝性脳症と言う。
    • 原因
      門脈体循環短絡によって、腸管内細菌によって産生されたアンモニアなどの毒素が直接体循環に流れ出るために、神経系に障害が現れる。
  • 胃・食道静脈瘤
  • 門脈圧亢進症性胃腸症
  • 難治性腹水

検査[編集]

  • 閉塞肝静脈圧

治療[編集]

  • 原因疾患による。合併症の対症療法も併せて行う。
    • 門脈圧を低下させる為にβブロッカー,ARBが投与されることがある。腹水のコントロールの為に利尿剤が使われる。アルブミン値を上昇させて腹水をコントロールするとともに、肝性昏睡の原因と成るアンモニアを減らすため、分枝鎖アミノ酸製剤(BCAA)の投与,緩下剤・抗生物質による腸内細菌叢のコントロールや食事療法が行われる。
    • 合併症の中で最たる物は胃・食道静脈瘤破裂であり、内視鏡的硬化療法(Endoscopic Injection Sclerotherapy:EIS)や内視鏡的食道静脈瘤結紮法(Endoscopic Variceal Ligation:EVL)、バルーンタンポナーデ法、透視下に行うバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(Balloon occulted -Retrograde Trasvenous obliteration:B-RTO)が行われる。
  • 以前は開腹して門脈=下大静脈短絡術などを施行していた。これはアンモニアなどを含む腸管からの血流が直接大循環に流入するため、合併症がみられることがあった。
  • 最近は血管内治療として経頸静脈的肝内門脈静脈短絡術(Transjugular Intrahepatic Portasystemic Shunt:TIPS)が試みられている。

診療科[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]