門脇家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
門脇家住宅
Kadowaki Residence.jpg
主屋
所在地 鳥取県西伯郡大山町所子360
位置 北緯35度29分2.4秒 東経133度27分54.9秒 / 北緯35.484000度 東経133.465250度 / 35.484000; 133.465250座標: 北緯35度29分2.4秒 東経133度27分54.9秒 / 北緯35.484000度 東経133.465250度 / 35.484000; 133.465250
類型 庄屋家屋
形式・構造 (主屋)木造、寄棟造瓦葺
敷地面積 3,381.80平方メートル
建築年 明和6年(1769年
文化財 国の重要文化財県民の建物100選
テンプレートを表示
重要文化財・県民の建物100選の石碑

門脇家住宅(かどわきけじゅうたく)は鳥取県西伯郡大山町にある歴史的建造物。国の重要文化財

概要[編集]

伯耆国汗入郡所子村(現鳥取県西伯郡大山町)の大庄屋・門脇家の屋敷として建てられた旧家。

明和6年(1769年)に三代目、門脇本右衛門により建てられたもので、改造も少なく、保存状態も極めて良い状態で現存している。 伯耆国特有の寄棟造で建てられており、主屋の他茶室や庭園などを持つ。

主屋は昭和49年(1974年)に国の重要文化財に指定され、付属建物3棟と宅地は平成5年(1993年)に追加指定された。平成8年(1996年)には鳥取県の県民の建物100選に選定された。

文化財指定[編集]

以下の建造物4棟と土地が重要文化財に指定されている。

  • 主屋:明和6年(1769年
  • 水車小屋:19世紀後半建立
  • 米蔵:明治35年(1902年)建立
  • 新蔵:大正3年(1914年)建立
  • 土地:宅地3,381.80平方メートル(検査場、小屋、表門、裏門、東・北・南面土塀、池、井戸を含む)[1]

以下は附(つけたり)指定物件

  • 湯殿・雪隠
  • 茶室
  • 普請文書 3冊
  • 家相図 1枚

交通アクセス[編集]

所在地:鳥取県西伯郡大山町所子360

    • 山陰道大山ICを海側へ、大山中学校前交差点を右折約5分
  • 鉄道
    • JR山陰本線大山口駅から徒歩約10分

脚注[編集]

  1. ^ 土地面積は重要文化財追加指定時の官報告示(平成5年8月17日文部省告示第107号)による

参考文献[編集]

  • 「新指定の文化財」『月刊文化財』359号、第一法規、1993

関連項目[編集]

外部リンク[編集]