門脇佳吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

門脇 佳吉(かどわき かきち、1926年1月6日-2017年7月27日[1])は、日本神学者宗教学者イエズス会司祭上智大学名誉教授。東京帝国大学工学部応用化学科卒業、上智大学文学修士及び神学修士グレゴリアン大学Ph.D.。別名大基

来歴[編集]

北海道旭川出身。1948年東京帝国大学工学部応用化学科卒業。上智大学大学院で文学修士・神学修士。1964年ローマグレゴリアン大学にてPh.D.取得。フォーダム大学で心理学を、レーゲンスブルク大学マイスター・エックハルトを研究。上智大学教授、1996年定年、名誉教授[2]

大森曹玄老師(花園大学元学長)から嗣法。「道の共同体」師家。禅とキリスト教を比較研究。

著書[編集]

  • 『対話に関する12章 古典への還帰』(日本基督教団出版局〈アルパ新書〉、1970年)
  • 『公案と聖書の身読 一キリスト者の参禅体験』(春秋社、1977年)
  • 『呼吸と共に祈るロザリオ 日本的な唱え方』(あかし書房、1984年)
  • 『瞑想のすすめ 東洋と西洋の総合』(創元社、1989年)
  • 『道の形而上学 芭蕉道元・イエス』(岩波書店、1990年)
  • 『禅仏教とキリスト教神秘主義』(岩波書店、1991年)
  • 池利文写真『スペイン巡礼讃歌 大地を潤す春雨のように』(春秋社、1993年)
  • 『日本の宗教とキリストの道』(岩波書店、1997年)
  • 『魂よ、目覚めよ 霊感と芸術の創造』(岩波書店、1998年)
  • 『『正法眼蔵』参究 道の奥義の形而上学』(岩波書店、2008年)
  • パウロの「聖霊による聖書解釈」 身読的解釈学』(知泉書館、2010)
  • 『パウロの中心思想 霊の息吹の形而上学』(教文館、2011年)

共編著[編集]

  • マタイス・井上英治・門脇佳吉共編『宗教の対話 キリスト教と日本の諸宗教』(創文社、1973)
  • 『禅とキリスト教 瞑想=自由への道』(創元社、1975年)
  • 松本正夫、K・リーゼンフーバー共編『トマス・アクィナス研究 没後700年記念論文集』(創文社、1975年)
  • 『現代の苦悩と宗教』(創元社、1976年)
  • 『密教とキリスト教 神秘思想の現代的意義』(創元社、1977年)
  • 『修行と人間形成』(創元社、1978年)
  • 『宗教体験と現代 宗教は人と世を変える(創元社、1979年)
  • 『瞑想について 不安からの解放』(創元社、1982年)
  • 鶴見和子共編『日本人の宗教心 宗教的エネルギーと日本の将来 シンポジウム』(講談社、1983年)
  • 親鸞とキリスト教 現代人に信仰を問う』編 創元社、1984年)
  • 『死の彼方に 宗教的死生観』(南窓社、1985年)
  • 遠藤周作加賀乙彦文、 門脇佳吉編、池利文撮影『愛されるより愛することを アッシジの聖フランシスコ』(学習研究社、1992年)
  • 池利文写真『アッシジの聖フランシスコの面影 教皇フランシスコに捧ぐ』 (教文館、2014年)

翻訳[編集]

  • イグナス・レップ『愛の深層心理』(川島書店、1971年)
  • イグナチオ・デ・ロヨラ『霊操』(岩波書店〈岩波文庫〉、1995年)
  • イグナチオ・デ・ロヨラ『ある巡礼者の物語 イグナチオ・デ・ロヨラ自叙伝』(岩波書店〈岩波文庫〉、2000年)

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 門脇佳吉さん死去:朝日新聞
  2. ^ 『現代日本人名録』