門倉卍貴浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
門倉 卍 貴浩
本名 門倉 貴浩
生誕 日本の旗 日本群馬県高崎市
国籍 日本
職業 漫画家 イラストレーター 詩人
活動期間 1997年 -
ジャンル 少年漫画 青年漫画 成人向け漫画
公式サイト tkfritz.wixsite.com/a-comic-life
テンプレートを表示

門倉卍貴浩(かどくらまんじたかひろ)は、日本の漫画家イラストレーター詩人群馬県高崎市出身。

概要[編集]

1997年、『ヤングサンデー』(小学館)にて、『Let me be your teddy dog,』で漫画家デビュー。

2000年、『詩のボクシング』第一回群馬県大会[注 1]にて優勝。

2001年、『詩のボクシング』第一回全国大会、準優勝。後日、コミッショナー楠かつのりは門倉の事を、著書[2]にて、「ポップ詩の新しい次元をひらくかのような詩を次々と朗読していた」と評している。 この頃から詩人としての活動が活発になり、都内での朗読イベント[注 2]などにも多数参加している。 イラストレーター及び詩人活動時には、旧ペンネームの多加崎フリッツや門倉フリッツ貴浩を名乗っていた。

2001年 - 2005年、『Myクロスワード』(学研)、『アロースケルトン』(学研)などの月刊誌に、主に動物を用いたイラストや四コマ、ギャグ漫画を、多加崎フリッツ名義で連載。

2002年、詩集『彼女のスブタに溶け込めぬ僕のパインの黄色い悲哀』(文芸社、ISBN-10:4835546717)[注 3]を、門倉フリッツ貴浩名義で刊行。

2008年 - 2018年、『夜遊び隊』や『Peach!』を始めとする風俗情報サイトや冊子に、長期に渡り、100本以上のルポマンガを掲載、自身の事を雑食系漫画家と表現している[4]

2011年 - 、障害者の芸術支援活動に従事し、多施設にて漫画やアートの講師も勤めている[5]

2019年 - 2020年、作画を担当した、阿曽山大噴火を主人公に描かれた実録コメディ漫画『阿曽山大噴火の面白人間傍聴記 ~法廷で逢いましょう』(原案/阿曽山大噴火<画期的コミックス>)が電子媒体にて連載される。

2020年-、『マンガ版 ぼく、街金やってます』(原作/中山美里、原案協力/テツクル)が、ベストセラーズにて連載中。

受賞歴[編集]

作品[編集]

漫画[編集]

  • 『Let me be your teddy dog,』(1997年、ヤングサンデー)
  • 『東京都在住見習い天使』(1998年、月刊漫画ガロ)
  • 『Anarchy in the 題目』(1999年、ヤングサンデー)
  • 『恋愛番長のウルルン放浪記』(2000年、ヤングサンデー)
  • 『プロ野球選手のド派手な下半身事情』(2003年、コアマガジン)
  • 『因幡の白兎』(2008年、竹書房)
  • 『LIVE-ALIVE 前田慶次・太陽より高く』(2009年、徳間書店)
  • 『注入!15気圧』(2009年 - 2010年、八重洲出版
  • 『窓際の向こうに』(2012年、晋遊舎)
  • 『漫画版 桜の樹の下には』(2009年、App Store配信)
  • 『サンスポ性ノンフィクションシリーズ』(2010年-2011年、サンケイスポーツ)
  • 『えんがわ侍』(2010年 - 2011年、ビナBOO
  • 『モスバーガー』(2019年、思い出食堂)
  • 『阿曽山大噴火の面白人間傍聴記 ~法廷で逢いましょう』(2019年 - 2020年、画期的コミックス)
  • 『マンガ版 ぼく、街金やってます』(2020年-、KKベストセラーズ)

イラスト[編集]

  • テレパル』(1996年、小学館)
  • 『Myクロスワード』(2001年 - 2005年、学研)
  • アロースケルトン』(2003年 - 2005年、学研)
  • 『クロスワードセブン』(2007年、桃園書房)
  • 『音楽の話をしよう』(2011年、ふくろう出版/著:寺内大輔)
  • 平凡パンチ 特別編集版』(2014年、マガジンハウス)

著書[編集]

  • 『彼女のスブタに溶け込めぬ僕のパインの黄色い悲哀』(2002年、文芸社、ISBN-10:4835546717)
  • 『阿曽山大噴火の面白人間傍聴記 ~法廷で逢いましょう』(電子書籍、ASIN: B07Y3YXNGG)
  • 『漫画版 桜の樹の下には』(電子書籍、ASIN: B07X8QNHFD)
  • 『よりぬきえんがわ侍』(電子書籍、タツノタマゴプロ、ASIN: B084V4NXP7)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 詩のボクシング第一回群馬県大会には、同じく群馬県出身の金谷ヒデユキが参加、以降、その後のライブにも朗読を取り入れる様になる。[1]、また、エキシビジョンマッチには、三代目魚武濱田成夫が参加している[要出典]
  2. ^ 2002年6月、テレビ静岡にて放送されていた「トバ子シリーズ(トバ子のハナイキ)」に、当時、大学生チャンピオンだった松永天馬と共に出演し、アンタッチャブル北陽と詩の朗読対決を行っている[3]
  3. ^ 初版帯には群馬県大会で対戦した金谷ヒデユキが推薦文を書いている。

出典[編集]

  1. ^ 金谷ヒデユキ&JAF プロフィールページ参照
  2. ^ 『詩のボクシングって何だ!?』(2002年<新書館>ISBN-10: 4403210775)163頁参照
  3. ^ 楠かつのりコミッショナー/気紛れ日記』2002.6.10の記事参照
  4. ^ 門倉卍貴浩Twitterプロフィール参照
  5. ^ [1]門倉卍貴浩HPプロフィール参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]