長 (発音記号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ː
長 (発音記号)
ː
IPA 番号 503
IPA 表記 [ː]
Unicode U+02D0
文字参照 ː
JIS X 0213 1-11-53
X-SAMPA :
Kirshenbaum :

ː・ちょう)は国際音声記号の一で、長い音を表す。前の文字が母音の場合は長母音子音の場合は長子音となる。母音の場合は日本語の仮名の「ー」で表される発音になるが、子音の場合は「ー」で表される発音にはならない。

概要[編集]

日本語の場合は、長母音の「あー」の IPA の表記は [aː] となる。

長子音としては、促音に使用できる。たとえば「あった」は長子音として[atːa]と表すことができる。

長音よりも短い発音を表すために半長の発音記号[ˑ]もある。

[編集]

日本語[編集]

ああ [aː]
東宮(とうぐう) [toːŋɯː]
良い(イー) [iː]
ケーキ [keːki]
悪化(あっか) [akːa]
あっさり [asːaɾi]
あった [atːa]
あんな [anːa]
按摩(あんま) [amːa]
案外(あんがい) [aŋːai]

日本語以外[編集]

その他[編集]

商品名や店名などに「ː」を付けて長音であることを示すことがある。「KOːHIːKΛN」(珈琲館)「ROHTO Ziː」(ロートジー)など。

「ː」が使用されている固有名詞[編集]

関連項目[編集]