長電タクシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長電タクシー株式会社
長電タクシー本社・長野営業所
本社・長野営業所
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
381-0043
長野県長野市吉田三丁目21番1号
設立 1977年昭和52年)12月23日
業種 陸運業
事業内容 タクシー事業
代表者 藤本豊一(代表取締役社長)
資本金 1,500万円
支店舗数 3営業所
主要株主 長野電鉄株式会社 100%
外部リンク http://www.nagaden-net.co.jp/taxi/
テンプレートを表示

長電タクシー株式会社(ながでんタクシー)は、長野県長野市に本社を置く、ながでんグループタクシー事業者である。長野電鉄沿線を中心に、52両のタクシーを運行する。

概要[編集]

ながでんグループハイヤータクシー事業は、戦時の交通統制を背景として1941年昭和16年)北信地方のタクシー19事業者を長野電鉄が買収したことで始まった[1]。これにより長野以北の自動車輸送網を完全掌握することとなった同社だが、戦後は長野市内にタクシー事業者が次々設立され、激しい競争にさらされた[2]

1969年昭和44年)に稼働台数のピークを迎えて以降急激に経営が悪化し[3][4]、長野電鉄はハイヤー・タクシー事業を廃止し子会社にすべて移管することとなった。こうして長電タクシー北信観光タクシー高水タクシーが段階的にその事業を引き継いだが、これらの経営を一元化すべく、2011年平成23年)に3社が合併し現在に至っている。

沿革[編集]

前史(長野電鉄直営時代)
  • 1941年昭和16年)2月11日 - 長野電鉄株式会社は、北信地方19事業者を買収し貸切乗用自動車事業を開始
  • 1951年(昭和26年)10月16日 - 長野電鉄(株)、小布施ハイヤー営業所を開設
  • 1953年(昭和28年) - 長野電鉄(株)、吉田豊野飯山ハイヤー営業所を開設
  • 1957年(昭和32年)9月19日 - 長野電鉄の子会社として、北信観光タクシー株式会社設立。湯田中駅前に営業所を置く
  • 1963年(昭和38年)
  • 1967年(昭和42年)
    • 10月2日 - 長野電鉄の子会社として、高水タクシー株式会社設立
    • 12月14日 - 長野電鉄(株)、小布施ハイヤー営業所を高水タクシー(株)に譲渡
  • 1972年(昭和47年)9月 - 長野電鉄(株)、豊野ハイヤー営業所を廃止し高水タクシー(株)に譲渡
  • 1976年(昭和51年)
    • 11月30日 - 長野電鉄(株)、中野ハイヤー営業所・渋ハイヤー営業所を廃止。中野ハイヤー営業所は高水タクシー(株)に譲渡
    • 12月1日 - 長野電鉄の子会社として、飯山長電ハイヤー株式会社設立
    • 12月16日 - 長野電鉄(株)、飯山ハイヤー営業所を廃止
  • 1977年(昭和52年)
長電タクシーの歴史
  • 1977年(昭和52年)12月23日 - 長電タクシー株式会社設立。本社を現在地(長野市吉田三丁目21番1号)に置く
  • 1978年(昭和53年)
    • 1月1日 - 長野電鉄(株)、長野市・上水内郡信濃町のハイヤー営業を長電タクシー(株)に譲渡
      • 長野電鉄 長野ハイヤー営業所 → 長電タクシー 田町営業所
      • 長野電鉄 吉田ハイヤー営業所 → 長電タクシー 吉田営業所
      • 長野電鉄 宇木ハイヤー営業所 → (廃止)
      • 長野電鉄 柏原ハイヤー営業所 → 長電タクシー 柏原営業所
      • 長野電鉄 野尻ハイヤー営業所 → (廃止)
    • 6月20日 - 長電タクシー(株)、本社を田町営業所(長野市三輪田町1303)に移転
  • 1979年(昭和54年)7月27日 - 北信観光タクシー(株)、渋安代営業所・星川車庫を廃止
  • 1980年(昭和55年)6月1日 - 長電タクシー(株)、本社を現在地(長野市吉田三丁目21番1号)に再移転。田町営業所を廃止
  • 1981年(昭和56年)12月24日 - 長野電鉄(株)、須坂ハイヤー営業所・湯田中ハイヤー営業所を廃止(直営のハイヤー事業をすべて廃止)。須坂ハイヤー営業所は長電タクシー(株)に、湯田中ハイヤー営業所は北信観光タクシー(株)に譲渡
  • 1987年(昭和62年)10月15日 - 長電タクシー(株)、柏原営業所を野尻湖畔に移転し野尻営業所に改称
  • 1995年平成7年)3月31日 - 長電タクシー(株)、野尻営業所を廃止し野尻湖タクシー株式会社に譲渡
  • 2011年(平成23年)10月1日 - 長電タクシー(株)が、北信観光タクシー(株)・高水タクシー(株)を合併
  • 2012年(平成24年)3月31日 - 小布施営業所・中野営業所を廃止

営業所[編集]

廃止された営業所[編集]

2012年平成24年)に廃止。なお、各駅前でのタクシーの常駐は継続する。

車両[編集]

特徴的なサービス[編集]

深夜乗合タクシー[編集]

長野駅善光寺口を毎日0:00に発車する乗合タクシーミッドナイトライナー」を運行している[5]須坂駅ゆきが運行され、長野電鉄長電バス終電・終バス後の輸送をカバーしている。

2005年平成17年)9月に試験実施された長野電鉄長野線の終電繰り下げを引き継ぐ形で、長野駅→柳原中央の区間で運行が始まった。2011年(平成23年)からは須坂駅まで区間が延長されるとともに、三才線(三才駅ゆき)も追加されるが、2017年(平成29年)に同線は廃止された。

乗降場所は長電バスの停留所で、運賃は700円〜1,500円。

廃止された路線
  • 三才線 - 2011年(平成23年)〜2017年(平成29年)運行
    • 【乗車】長野駅善光寺口(のりば5) → 【乗車】昭和通り(のりば1) → 【乗車】権堂 → 【以遠降車のみ】宇木本町若槻団地中央 → 上野中央公園 → 若槻台 → 三才駅

バス回数券の利用[編集]

同グループの長電バス普通金額回数券を、タクシー料金支払に使用できる[6]。なお、バスIC乗車カードKURURU」は利用できない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『長野電鉄80年のあゆみ』長野電鉄株式会社、2000年、40頁
  2. ^ 『長野電鉄80年のあゆみ』長野電鉄株式会社、2000年、64頁
  3. ^ 『長野電鉄80年のあゆみ』長野電鉄株式会社、2000年、93頁
  4. ^ 『長野電鉄80年のあゆみ』長野電鉄株式会社、2000年、143頁
  5. ^ 深夜乗合タクシー『ミッドナイトライナー』 - 長電タクシー
  6. ^ クーポン券割引 - 長電タクシー
  7. ^ 長電、湯田中駅の運営を北信観光タクシーに委託 - 47NEWS(2010年4月27日)

外部リンク[編集]