長野稙藤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
長野稙藤
時代 戦国時代
生誕 永正元年(1504年
死没 永禄5年5月5日1562年6月6日)?
改名 金吾(幼名)→稙藤
戒名 青蓮院殿天覚常本大居士
官位 従五位下宮内大輔
氏族 長野工藤氏
父母 父:長野通藤
藤定雲林院祐基細野藤光

長野 稙藤(ながの たねふじ)は、戦国時代武将伊勢国戦国大名長野工藤氏14代当主。

生涯[編集]

永正元年(1504年)、13代当主・長野通藤の子として誕生。永正8年(1511年)から大永元年(1521年)の期間内に元服、10代将軍・足利義稙と父・通藤からそれぞれ偏諱を受けて稙藤に改名している。

享禄3年(1530年)、父が死去したため、家督を継いで14代当主となる。伊勢の支配権をめぐって、南伊勢の雄たる北畠晴具と争った。天文年間中期から後期にかけて、嫡男・藤定に家督を譲って隠居したものと思われるが、その後も藤定と共に軍を指揮し、政務を執っていた形跡があることなどから、藤定と共同統治を行なっていたものと推測される。北畠家との抗争はその後も続いたが、天文16年(1545年)からの北畠晴具の侵攻に次第に押され気味となった[1]永禄元年(1558年)に北畠具教の次男・具藤を藤定の養子に迎え、家督を強制的に譲らされることで和睦した[1][2]。実質的に長野氏は北畠家に臣従したのである。

永禄5年(1562年)5月5日に死去。享年58[3]。永禄5年説をとるのであれば、同日に嫡男の藤定も死去しているため、北畠氏に暗殺された可能性が高い。

脚注[編集]

  1. ^ a b 武家家伝 長野氏
  2. ^ 「北畠具教」『朝日日本歴史人物事典』
  3. ^ ただし、永禄4年1月8日1561年1月23日)死去という説もある。