長野県飯山南高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長野県飯山南高等学校
Iiyama high school.JPG
長野県飯山高等学校(旧・飯山南高等学校)
2017年現在は飯山市立城南中学校校舎として利用されている。
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県の旗 長野県
設立年月日 1921年
(郡立下水内高等女学校)
閉校年月日 2009年3月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
体育科
高校コード 20103A
所在地 389-2255
長野県飯山市大字静間1088
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

長野県飯山南高等学校(ながのけんいいやまみなみこうとうがっこう)は、長野県飯山市に存在した公立高等学校である。

文化祭は「南高祭」と称していた。

沿革[編集]

  • 1921年 - 郡立下水内高等女学校として開校。
  • 1922年 - 長野県に移管、長野県飯山高等女学校となる。
  • 1948年4月1日 - 学制改革により、長野県飯山南高等学校となる。定時制課程を設置(本校、太田分校、外様分校、永田分校、常盤分校、岡山分校、豊井分校)。
  • 1954年3月31日 - 岡山分校を廃止。
  • 1957年3月31日 - 永田分校、豊井分校を廃止。
  • 1957年4月1日 - 豊田分校を設置。
  • 1961年3月31日 - 大田分校、外様分校、常盤分校を廃止。
  • 1961年4月1日 - 照丘分校を設置。
  • 1962年4月1日 - 豊田分校を廃止し、照丘分校に統合。
  • 1967年4月1日 - 定時制照丘分校を廃止し、全日制課程に転換。
  • 1974年1月1日 - 照丘分校が分離独立し、長野県飯山照丘高等学校となる。
  • 1975年4月1日 - 男女共学を実施。
  • 1992年4月1日 - 新校舎完成。(飯山市静間地区)、体育科を設置。
  • 2007年4月1日 - 長野県飯山照丘高等学校と統合し長野県飯山高等学校となる。
  • 2009年3月31日 - 閉校。

教育目標[編集]

  1. 自主的な学習態度を重んじ、基礎学力の充実を図り、高い知性に基づく正しい判断力を養う。
  2. 個性の確立につとめ、清純な情操と健康で活動的な生活態度を身につける。
  3. 社会の一員としての自覚を深め、人間関係の正しい理解と豊かな愛情を育てる。

出身者[編集]

校章[編集]

  • 六角形の雪の結晶の形状の中に、紫の八稜の鏡を配置、中央に金色の高の文字。

校歌・応援歌[編集]

最寄駅[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]