長野県木曽山林高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長野県木曽山林高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県の旗 長野県
設立年月日 1901年5月15日
(郡立乙種山林学校)
閉校年月日 2009年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 林業科・インテリア科
高校コード 20169D
所在地 397-8567
長野県木曽郡木曽町新開4236番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

長野県木曽山林高等学校(ながのけん きそさんりんこうとうがっこう)は、長野県木曽郡木曽町新開に存在した公立高等学校。現在は長野県木曽青峰高等学校森林環境科・インテリア科が校舎を使用している。

文化祭校章に由来して「ひのき祭」と称していた。

沿革[編集]

  • 1901年5月15日 - 実業学校として開校(郡立乙種山林学校)。
  • 1901年7月19日 - 甲種に移管。
  • 1906年4月1日 - 長野県立甲種木曽山林学校に改称。
  • 1911年11月 - 長野県立木曽山林学校に改称。
  • 1920年4月23日 - 長野県令38号により、長野県木曽山林学校に改称。
  • 1929年4月1日 - 木材工芸科を設置。
  • 1948年4月1日 - 学制改革により、長野県木曽山林高等学校となる。
  • 1948年6月1日 - 定時制課程を併設。
  • 1952年4月1日 - 定時制課程を、長野県木曽東高等学校に移管。
  • 1963年4月1日 - 木材工芸科を工芸科に転科、コース制を導入。
  • 1967年4月1日 - 林業科コースを設置。
  • 1973年4月1日 - 工芸科をインテリア科に転科。
  • 1986年4月1日 - 林業科のコースを3コース制に改編(経営、土木、情報)。
  • 1994年4月1日 - 林業科のコースを3コース制に改編(森林科学、土木工学、情報流通)、インテリア科のコースを2コース制に改編(生産工学、情報デザイン)。
  • 2001年10月6日 - 創立100年記念式典。
  • 2003年4月1日 - インテリア科のコースを改編(プロダクト、デザイン)。
  • 2005年4月1日 - 林業科のコースを改編(フォレストサイエンス、テクニカル、エコサイエンス)。
  • 2007年4月1日 - 長野県木曽高等学校と統合。
  • 2009年3月31日 - 閉校。

教育目標[編集]

  • 自然との体験を通して学ぶ技。
  • 豊かな感性に裏付けられた知識。
  • 自ら学ぼうとする姿勢。

望岳寮[編集]

  • 遠隔地からの入学者に対応するため、校内敷地に男子学生寮が建設されている。
  • 部屋数は生徒用の部屋数が11室、寮監教員の宿泊部屋がある。
  • 寮内は寮生の推薦で就任した寮長と副寮長が代表となる。
  • 閉校後は旧木曽高校の学生寮が利用される予定。

出身者[編集]

校章[編集]

  • 校章
  • ひのきの葉を円形にデザインし、中心に「山林」の文字。

校歌・応援歌[編集]

主な進学実績[編集]

最寄駅[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]