長野えびす講煙火大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長野えびす講煙火大会
Nagano Ebisuko Fireworks Festival
概要
通称、略称 えびす講
正式名称 長野えびす講煙火大会
旧名称 長野市大煙火会
開催時期 11月23日勤労感謝の日
初回開催 1899年明治32年)
会場・場所 長野県長野市犀川第二緑地)
打ち上げ数 13,000発
主催 長野商工会議所・長野商店会連合会
花火取扱 信州煙火工業紅谷青木煙火店
人出 400,000人(2017年)
最寄駅 長野駅
直通バス #アクセスを参照
外部リンク 長野商工会議所 - 長野えびす講煙火大会
備考
全国十号玉新作花火コンテストを併催
テンプレートを表示

長野えびす講煙火大会(ながのえびすこうえんかたいかい)は、長野県長野市で毎年11月23日勤労感謝の日)に行われる花火大会である。

全国的にも珍しい晩秋に開かれる大規模な花火大会であり、2017年平成29年)の第112回大会では1万3,000発が打ち上げられ、40万人の人出を集めた[1]

概要[編集]

長野県は現在でも打揚煙火生産額全国2位・煙火製造業者数全国1位という有数の花火生産地であるが[2]、花火が盛んになったのは江戸時代からといわれ、中でも権堂町遊郭が客寄せに開いていた煙火会は、「商店、旅館の繁昌は云うばかりでなく料理屋、飲食店は客で充満し、遂にはどこへ行っても芋の煮ころがしひとつ買うことの出来ぬほどの盛況を呈せり」というほどの盛況であった。

明治に入ると、善光寺門前に鎮座する西宮神社岩石町)の御祭礼(えびす講)の大売出しに合わせ、景気づけとして花火大会が開かれるようになった。1916年大正5年)には全国で初めて二尺玉を打ち上げるなど先進的な大会になり、またこのころから参加する煙火師を厳選したため、全国の煙火師から「出世煙火」と言われるようになった[2]

その後打ち上げ場所の市街化が進んだことで、1991年平成3年)には二尺玉の打ち上げを自粛することとなったが、その翌年からは全国十号玉新作花火コンテストを併催することで大玉による競争から技術による競争に転換し[2]、現在でも多くの観覧客を集めている。

沿革[編集]

  • 1899年明治23年)11月20日 - 西宮神社岩石町えびす講に合わせ、有志により長野市大煙火会開催。以降、毎年えびす講に合わせ煙火大会を開催する
  • 1916年大正5年) - この年の煙火大会で、全国初の二尺玉を打ち上げる
  • 1991年平成3年) - この年の煙火大会から、二尺玉の打ち上げを自粛
  • 1992年(平成4年) - この年の煙火大会から、全国十号玉新作花火コンテストを併催
  • 1995年(平成7年) - この年の煙火大会から、開催日を11月23日勤労感謝の日)に変更
  • 2005年(平成17年) - 第100回を迎える

会場[編集]

長野市若里[3]犀川第二緑地が会場となる。長野赤十字病院付近の川辺で18時から2時間ほど打ち上げられる。観覧席・屋台等は丹波島橋から長野大橋にかけての河川敷に広がっている。

2017年平成29年)の第112回大会の場合、椅子席の「えびすシート」と、テーブル席で弁当・専用駐車場付の「プレミアムシート」、団体専用のテーブル席「大黒シート」の3種類の有料観覧席(予約制)が設けられている。無料で観覧する場合は、堤防斜面等に思い思いに陣取ることとなる。

全国的にも珍しい「寒空の下の花火大会」(長野市の11月23日平年値は、最低気温1.5℃・最高気温11.1℃[4])であるため、約100店ほどが立ち並ぶ屋台では様々な温かい食べ物が販売される。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “夜空の華 光の乱舞 長野・えびす講花火”. 信濃毎日新聞. (2017年11月24日). http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20171124/KT171123ATI090002000.php 2017年11月24日閲覧。 
  2. ^ a b c 坂本優紀・竹下和希・小林愛「長野県北信地方における煙火産業の存立基盤」、『地域研究年報』第39巻、筑波大学人文地理学・地誌学研究会、 125-141頁、 ISSN 18800254
  3. ^ 正確には河川敷部分のみ長野市川合新田
  4. ^ 過去の気象データ検索(1981年〜2010年) - 気象庁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]