長部謹吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長部 謹吾(おさべ きんご、1901年4月1日 - 1991年12月8日)は、新潟県出身の裁判官最高裁判所判事を勤めた。小説家黒井千次は次男。

経歴[編集]

1925年(大正14年)3月に東京帝国大学法学部独法科を卒業[1]。いったん日本興業銀行に入ったが「性に合わない」と2ヶ月で退職した[1]。1926年(大正15年)4月に司法官試補、1927年(昭和2年)12月に検事となり、大審院検事などを務め、1951年(昭和26年)2月に長野地検検事正となる[1]

その後、東京高検次席検事となり、次いで最高裁検事、高松・広島両高検検事長を務める[1]。東京高検次席検事は造船疑獄にぶつかったが胃潰瘍の手術のため病床にいて殆どタッチしなかった[2]。広島高検検事長時代は八海事件の偽証捜査を指揮した[2]

1959年(昭和34年)6月に最高検次長検事となる[2]

1963年(昭和38年)4月5日に最高裁判所判事に就任[2]。就任の時に「判事になっても、法律と良心に従ってやるだけ。早く裁判官に気持ちになりきって、冷静な判断を下せる自分をつくっていきます」と語った[3]

全逓東京中郵事件の最高裁審理では最高検次長検事時代に一審無罪判決の控訴申し立てを指揮する検察官の職務を行ったとして回避した[4]

1971年(昭和46年)3月に定年退官[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)109頁
  2. ^ a b c d 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)110頁
  3. ^ a b 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)111頁
  4. ^ 田中二郎、佐藤功、野村二郎『戦後政治裁判史録3』(第一法規)175頁