長距離自然歩道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長距離自然歩道(ちょうきょりしぜんほどう)とは環境省が計画を定め、各都道府県が整備、管理運営している複数の都府県間にまたがる自然歩道である。

長距離自然歩道は、多くの人々が四季を通じて手軽に楽しくかつ安全に、国土の優れた風景地等を歩くことにより、沿線の豊かな自然や歴史、文化に触れ、国土や風土を再認識し、併せて自然保護に対する意識を高めることを目的とするもので、自然景観や文化財等に恵まれた既存の道路を、標識等の整備によりネットワーク化した長距離の自然歩道である。  環境省が計画し、各都府県が事業主体となって整備を進めており、昭和45年(1970年)の東海自然歩道に始まり、これまで九州・中国・四国・首都圏・東北・中部北陸・近畿と8つの自然歩道が整備されている。(平成17年度以降は国立公園内の路線は環境省が整備。)

概要[編集]

東海自然歩道の道標

四季を通じて手軽に、楽しく、安全に自らの足で歩くことを通じて、豊かな自然や歴史・文化とふれあい、心身ともにリフレッシュし、自然保護に対する理解を深めることを目的とした歩道である。1970年東海自然歩道の整備に始まり、順次整備が進められている。 計画総延長距離は約27000キロメートルである[1]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.env.go.jp/nature/nats/shizenhodo/ 環境省>自然環境・生物多様性>自然大好きクラブ>長距離自然歩道を歩こう!

外部リンク[編集]