長谷川零余子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長谷川 零余子(はせがわ れいよし、1886年明治19年)5月23日 - 1928年昭和3年)7月27日)は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本俳人

群馬県緑野郡鬼石町(現・藤岡市)出身[1]。本名は長谷川諧三(旧姓富田)。

東京大学薬学科専科を卒業。高浜虚子に師事し、「ホトトギス」の編集に従事。1916年、「枯野」を創刊。立体俳句を提唱する。幾何学的な俳風で、知識人層の支持を得た。1928年、山陰地方への旅行から帰った後に発熱し、7月27日に東京府東京市淀橋区柏木(現・東京都新宿区)の自宅において41歳で死去[1]

妻は俳人の長谷川かな女小説家三田完は孫。

主な著書[編集]

  • 「雑草」
  • 「蕪村俳句全集」
  • 「近代俳句史論」

脚注[編集]

  1. ^ a b 文芸年鑑. 昭和4年版 p.10

参考文献[編集]

  • 平石典子 「長谷零余子」 朝日日本歴史人物事典、kotobank