長谷川雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川 雄一(はせがわ ゆういち、1948年 - )は、日本政治学者東北福祉大学教授。

経歴[編集]

宮城県仙台市生まれ[1]

1973年上智大学法学部法律学科卒業。1978年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学

八千代国際大学政治経済学部助教授駒沢女子大学人文学部国際文化学科教授などを経て、2005年より東北福祉大学教授[2]

著書[編集]

  • 『日米危機の起源と排日移民法』(共著, 論創社, 1997年)
  • 『現代の国際政治』(共編著, ミネルヴァ書房, 1998年)
  • 『冷戦後の国際関係』(共著, 芦書房, 1998年)
  • 『東学乱・日清戦争1[明治人による近代朝鮮論第4巻]』(解説, ぺりかん社, 1998年)
  • 『大正期日本のアメリカ認識』(編著, 慶應義塾大学出版会, 2001年)
  • 『新版・現代の国際政治』(共編著, ミネルヴァ書房, 2002年)
  • 『日本外交のアイデンティティ』(編著, 南窓社, 2004年)
  • 『満川亀太郎著・三国干渉以後』(編・解説, 論創社, 2004年)
  • 『満川亀太郎・奪われたるアジア』 (解説, 書肆心水, 2007年)
  • 『北一輝自筆修正版・国体論及び純正社会主義』(共編著, ミネルヴァ書房, 2007年)
  • 『満川亀太郎日記―大正八年~昭和十一年』(編・解説, 論創社, 2011年)
  • 『近代日本の国際認識』(芦書房, 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ 『近代日本の国際認識』(芦書房, 2016年)
  2. ^ 長谷川 雄一 - 東北福祉大学 研究者情報