長谷川輝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷川輝雄

長谷川 輝雄(はせがわ てるお、1896年 - 1926年5月15日)は日本建築史家。「四天王寺建築論」等を著したが早世した。

滋賀県生まれ。旧制第三高等学校を経て、1922年東京帝国大学建築学科を卒業。卒業論文は「近代建築思潮と表現」。大学院建築史の研究を進め、翌年、同大工学部助教授に就任。1926年、30歳で病没。

大阪四天王寺の建築は江戸時代の再建によるものだが、伽藍配置に創建当時の様相を残しており、高麗尺大化の改新以前に用いられていた)で計画されていたと論じた。

著作[編集]