長谷川海太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷川海太郎(1930年頃)

長谷川 海太郎(はせがわ かいたろう、1900年1月17日 - 1935年6月29日)は、日本小説家翻訳家林不忘(はやし ふぼう)、牧逸馬(まき いつま)、谷譲次(たに じょうじ)の3つのペンネームを使い分けて活躍した。林不忘は時代小説「丹下左膳」シリーズ、牧逸馬は犯罪実録小説、谷譲次は米国体験記「めりけんじゃっぷ」物で知られる。

生涯[ソースを編集]

生い立ち[ソースを編集]

後にジャーナリストとして活躍する長谷川清(のちに改名した長谷川淑夫の名前で知られる。楽天、あるいは世民とも号した)の長男として新潟県佐渡郡赤泊村(現:佐渡市赤泊)に生まれる。1歳のとき、犬養木堂の依頼で函館新聞の主筆となった父に従って一家で函館に移住、同地の弥生小学校に通い、当時皇太子の北海道巡啓に際しては梅太郎の作文が台覧に供せられた。やがて北海道庁立函館中学校(現函館中部高校)に入学、当時の函館は国際色豊かな港町であり、海外への憧れを抱き成長したという。父は子供の頃から海太郎に英語を教え、また徳富蘆花「順礼紀行」を愛読した。中学3年頃から石川啄木に傾倒、白楊詩社という文芸グループに参加し作詩に励み、4年の時には野球の応援団長として活躍した。

函館中学で5年生一同が運動部長排斥からストライキを起こし、首謀者とされた海太郎が卒業試験で落第処分となり、退校して上京し、明治大学専門部法科に入学する。大学時代は大杉栄の家にも出入りしていたともいう[1]。明治大学専門部卒業後、勉強のために父親が旅費を工面して、1918年に太平洋航路の香取丸で渡米し、オハイオ州オベリン大学に入学するが、1920年に退学、様々な職種を転々としながら全米を放浪する。またIWW(世界産業労働組合)で組合活動も行っていた[1] 1924年には貨物船の船員として南米からオーストラリア、香港を経て、大連に寄港し、そこで下船して朝鮮経由で帰国した。再度渡米を予定していたが、移民法の改正があってアメリカ大使館からビザが降りなくなった。

流行作家となる[ソースを編集]

東京で弟の潾二郎のいる下宿に住んだが、そこにいた函館時代の友人水谷準の紹介で[2]、1925年に『新青年』に谷譲次名で「ヤング東郷」「ところどころ」など、滞米中の実体験に基づき、アメリカで生きる日本人(日系人)単純労働者の生き方をユーモラスに描いた「めりけんじゃっぷ」ものを掲載し始める。続いて『探偵文芸』に林不忘名で時代物「釘抜藤吉捕物覚書」、『探偵趣味』『苦楽』誌などに、メリケンもの、現代探偵小説を発表し始める。当時刊行中の平凡社『現代大衆文学全集』35巻の「探偵小説 新人作家集」にも「釘抜藤吉捕物覚書」が5編が収録された。

英語の翻訳研究グループで香取和子と知り合い、1927年に結婚。鎌倉向福寺の一室を借りて新生活を始める。当初和子は生活のために、鎌倉高等女学校で教鞭も取った。しかしこの年に嶋中雄作に認められて、『中央公論』に「もだん・でかめろん」を連載し、一躍人気作家となる。『サンデー毎日』『女性』などにも作品を発表し、東京日日新聞大阪毎日新聞に、林不忘の筆名で時代小説「新版大岡政談」(後に「丹下左膳」)の連載を開始する。片目片腕のニヒルな剣豪ヒーロー丹下左膳の冒険談はたちまち人気小説となり、早くも連載中の1928年には最初の映画化がなされた。

この「新版大岡政談」の映画化は、帝国キネマ(左膳役松本田三郎)、東亜キネマ團徳麿)、マキノ・プロダクション嵐長三郎)、日活大河内伝次郎)の4社競作となる過熱ぶりで、中でも日活の伊藤大輔監督の『新版大岡政談(第一篇)(第二篇)(解決篇)』は、1928年キネマ旬報ベストテン3位になるなど評価も高く、大河内の「シェイ(姓)は丹下、名はシャゼン(左膳)」という独特の台詞回しとともに強い印象を与えた[3]

また1928年から1年超にわたって、中央公論社特派員の名目で夫婦で、釜山からシベリア鉄道を経てヨーロッパ14か国を訪問し、その旅行記は谷譲次名の「新世界巡礼」として同誌に連載された(単行本化時に「踊る地平線」)。この時夫人の和子も『婦人公論』にロンドンパリの滞在記を掲載している。

ロンドン滞在時には古本屋で犯罪者の資料を買い漁り、この時の着想から、1929年から33年に『中央公論』に「世界怪奇実話」を牧逸馬名で連載。その後も牧逸馬名では、欧米の犯罪小説、怪奇小説の翻訳・翻案物や海外の怪事件を扱ったノンフィクション、昭和初期の都市風俗小説などを著し、女性読者層にも人気を博した。帰国後は帝国ホテルに缶詰めとなったが、1929年に鎌倉材木座に移り、やがて雪ノ下に新居を構え「からかね御殿」と呼ばれた。

執筆生活[ソースを編集]

毎日新聞には1930年から33年まで部長待遇の契約だったが、城戸元亮取締役会長の辞任騒動に追従し、連載中だった丹下左膳の続編は読売新聞に連載された。1933年からは新潮社で『一人三人全集』全16巻を刊行開始。1934年に鎌倉に新居を構える。この年には東京日日新聞の朝刊に「新しき天」、夕刊に「丹下左膳」を同時に連載するということもあった。『講談倶楽部』では1928年に「十二時半」を掲載した際に原稿料で折り合わず、その後講談社には執筆していなかったが、1934年から『キング』『講談倶楽部』両誌同時に連載開始、「悲恋華」は連載3回目で読者投票1位となって『講談倶楽部』五大小説とも呼ばれ[4]、並行して35年に時代もの「四季咲お美乃」を林不忘名で連載を始めていた。

1935年6月、『一人三人全集』の完結した2週間後に鎌倉の自宅で35歳の若さで急死。持病の喘息の発作だったという。この時に連載中の作品として、『講談倶楽部』2作の他に谷譲次名「新巌窟王」、林不忘名「時雨伝八」「蛇の目定九郎」「白梅紅梅」、牧逸馬名「大いなる朝」「虹の故郷」「双心臓」があった。絶筆となった「都会の怪異 七時三十分」は、『日の出』編集者の和田芳恵が先に聞いていた結末部分を書き足して掲載された。また文壇付き合いのなかった梅太郎の通夜には、嶋中雄作、『オール読物』編集長の菅忠雄、元東京日々学芸部長の新妻莞に3人が付き添った。この超多忙な中の急死にあって菊池寛は「ジヤアナリズムが、作家に無理な仕事をさせなくなるとすれば、我々に取っては、一つの救いである。」(『文藝春秋』1935年10月号)とも書いている。

死後にも川口松太郎「新篇丹下左膳」、谷屋充「新作丹下左膳」、陣出達朗「女左膳」などの左膳ものが書かれ、映画・演劇化も数多く行われている。

弟で次男の潾二郎(りんじろう)は画家(地味井平造の変名で推理小説をも書いた)、三男のはロシア文学者、四男の四郎は作家となった。

作品リスト[ソースを編集]

谷譲次名義
  • 『ヤング東郷』(『新青年』1925年1月)
  • 『ところどころ』(『新青年』1925年1月)
  • 『上海された男』(『新青年』1925年4月)
  • 『モダンデカメロン』(『中央公論 1927年5-12月)
  • 『踊る地平線』(『中央公論』1928年8-1929年4月)
  • 『大陸』(『中央公論』1930年1-5月)
  • 『新巌窟王』(『日の出』1934年1-11月)
  • 『都会の怪異 七時三十分』(『日の出』1935年)
林不忘名義
  • 『釘抜藤吉捕物覚書』(『探偵文芸』1925年、『苦楽』1926年)
  • 『新版大岡政談・鈴川源十郎の巻』改造社 1928年(『東京日日新聞』『大阪毎日新聞』1927年10-28年3月)
  • 『寛永相合傘』(『文藝春秋』1927年6月)
  • 『念力女敵討』(『サンデー毎日』1928年1月)
  • 『巷説享保図絵』(『週刊朝日』1930年1-7月)
  • 『刃傷未遂』(『サンデー毎日特別号』1931年3月)
  • 『口笛を吹く武士』(『サンデー毎日』1932年3月)
  • 『丹下左膳・こけ猿の巻』(『東京日日新聞』『大阪毎日新聞』1933年6-11月)
  • 『丹下左膳・日光の巻』(『読売新聞』1934年1-9月)
  • 『稲生播磨守』(『講談倶楽部』1935年1月)
  • 『四季咲お美乃』(『講談倶楽部』1935年3-9月(未完))
牧逸馬名義
  • 『十二時半』(『講談倶楽部』1928年3月)
  • 『世界怪奇実話』(『中央公論』1929年10-1933年8月)
  • 『この太陽』(『毎日新聞』1930年1-8月)
  • 『愛すべく』(『サンデー毎日特別号』1931年1月)
  • 『七つの海』(『毎日新聞』1931年6-7月)
  • 『地上の星座』(『主婦之友』1932年5-9月)
  • 『心の波止場』(『日の出』1932年8月)
  • 『新しき天』(『毎日新聞』1933年1-7月)
  • 『大いなる朝』(『キング』1934-35年(未完))
  • 『悲恋歌』(『講談倶楽部』1934年2-1935年8月(未完))
  • 『暁の猟人』(『朝日新聞』1934年8-12月)
  • 『虹の故郷』(『主婦之友』1934年7-10月)
  • 『双心臓』(『報知新聞』1935年1-6月)

訳書[ソースを編集]

(牧逸馬名義)『猶太人ジェス』『バッド・ガール』他

単行本(入手容易なもの)[ソースを編集]

谷譲次名義
  • 『新巌窟王(全2巻)』現代教養文庫 1975年
  • 『テキサス無宿』現代教養文庫 1975年
  • 『めりけんじゃっぷ商売往来』現代教養文庫 1975年
  • 『踊る地平線』現代教養文庫 1975年
  • 『もだん・でかめろん』現代教養文庫 1975年
  • 『テキサス無宿/キキ」 みすず書房 (ISBN 4622048396)
  • 『踊る地平線(上・下)』岩波文庫 (ISBN 4003116011) (ISBN 400311602X)
林不忘名義
牧逸馬名義
  • 『浴槽の花嫁 世界怪奇実話1』現代教養文庫 1975年
  • 『血の三角形 世界怪奇実話2』現代教養文庫 1975年
  • 『街を陰る死翼 世界怪奇実話3』現代教養文庫 1975年
  • 『親分お眠り 世界怪奇実話4』現代教養文庫 1975年
  • 『第七の天 ミステリー1』現代教養文庫 1975年
  • 『白仙境 ミステリー2』現代教養文庫 1975年
  • 島田 荘司 (編)『牧逸馬の世界怪奇実話』光文社文庫 (ISBN 4334735770)

海外への翻訳[ソースを編集]

中国本土(簡化字)[ソースを編集]

  • 世界怪奇实话(上) (2011年1月,吉林出版集团有限责任公司)
  • 世界怪奇实话(中) (2011年1月,吉林出版集团有限责任公司)
  • 世界怪奇实话(下) (2011年1月,吉林出版集团有限责任公司)
  • 丹下左膳·乾云坤龙(上) (2011年6月刊行予定,吉林出版集团有限责任公司)
  • 丹下左膳·乾云坤龙(下) (2011年6月刊行予定,吉林出版集团有限责任公司)
  • 丹下左膳·百万两之壶(上) (2011年7月刊行予定,吉林出版集团有限责任公司)
  • 丹下左膳·百万两之壶(下) (2011年8月刊行予定,吉林出版集团有限责任公司)
  • 丹下左膳·日光东照宫 (2011年9月刊行予定,吉林出版集团有限责任公司)

映画化作品[ソースを編集]

(丹下左膳ものは「丹下左膳」を参照)

[ソースを編集]

  1. ^ a b 長谷川四郎「随筆丹下左膳」(『長谷川四郎 ちくま日本文学全集46』筑摩書房 1992年)
  2. ^ 水谷の話では水谷の紹介なしで新青年編集部に原稿を持ち込んだところ森下雨村が採用したという(月報4 座談会 新青年あれこれ『 新青年傑作選』 第4巻 翻訳編、立風書房、1991年
  3. ^ 縄田一男(『丹下左膳(1)』光文社 2004年)
  4. ^ (岡田)

参考文献[ソースを編集]

  • 興津要『大衆文学の映像』桜楓社 1967年
  • 尾崎秀樹『大衆文芸地図』桃源社 1969年
  • 岡田貞三郎『大衆文学夜話』青蛙社 1971年
  • 山本修之助『佐渡の百年』、佐渡郷土文化の会、1972年6月。
  • 川崎賢子『彼等の昭和 長谷川海太郎・リン二郎・濬・四郎』、白水社、1994年12月。
  • 大村彦次郎『時代小説盛衰史』筑摩書房 2012年

外部リンク[ソースを編集]