長谷川浩 (記者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長谷川 浩
生誕 1945年または1946年
死没 2001年10月15日
日本の旗 東京都
教育 東京大学卒業
職業 日本放送協会解説主幹
代表経歴あすを読む
視点・論点

長谷川 浩(はせがわ ひろし、1945年または1946年 - 2001年10月15日)は、日本ジャーナリスト日本放送協会(NHK)政治部記者、国際部記者、解説委員主幹などを歴任した。

経歴[編集]

東京大学法学部卒業。1971年、NHKに記者として入局。NHK大阪放送局NHK名古屋放送局などの地方局勤務ののち、政治部に配属され、福田赳夫内閣で首相番を務めたほか、外務省防衛庁を担当した。その後国際部に異動、1991年からバンコク支局長となり、カンボジア内戦を現地から精力的に取材・報告した。1997年より解説委員、1998年から解説主幹となり、主に「あすを読む」「視点・論点」「ラジオ夕刊」などの解説番組を担当した。

2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件発生後、10月10日放映の「特集・あすを読む“新しい戦争”と世界」で、同事件や10月7日空爆で始まったアフガニスタン紛争 (2001年-) 情勢についての見通しを述べるなど、たびたびテレビに出演し解説した。

10月15日午前11時ごろ、東京都渋谷区NHK放送センター敷地内で倒れているのが発見された。NHKによると、通報により救急隊が駆けつけたがまもなく死亡した、上層階からの転落死とみられる、とされた。代々木警察署は「事件性はない」「死因などについて個人のプライバシーの問題で何も申し上げられない」「遺書などはなかった」等と話した。10月17日になって短く新聞報道がされ、「事故か自殺か、なぞが深まっている」と書く社もあった[1][2][3]。享年55。通夜は10月17日、葬儀告別式10月18日に営まれた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「テロ報道で活躍、NHK解説主幹謎の死 放送センターの建物から転落」産経新聞ZAKZAK 2001年10月17日
  2. ^ 「NHK解説主幹が転落死」 スポーツニッポン新聞(Sponichi Annex)2001年10月18日
  3. ^ 「転落死:NHK解説主幹が放送センターで」毎日新聞、2001年10月17日
  4. ^ 「NHK解説主幹 敷地内で転落死」 産経新聞東京夕刊 2001年10月17日