長谷川浩大 (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長谷川浩大
Kodai-Hasegawa20101017.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 (1983-11-19) 1983年11月19日(34歳)
身長 164cm
体重 49kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 栗東・中村均(2003.3.1 - 2007.12.31)
栗東・フリー(2008.1.1 - 2012.9.20)
初免許年 2003年
免許区分 平地・障害
テンプレートを表示

長谷川 浩大(はせがわ こうだい、1983年11月19日 - )はJRA(日本中央競馬会)・栗東トレーニングセンターに所属していた元騎手

来歴[編集]

2003年3月、栗東中村均厩舎所属騎手としてデビュー。その初日にJRA史上5年ぶり39人目となる初騎乗初勝利を遂げる[1]

この年は石橋脩松岡正海といった若手のなかでも乗れる騎手がデビューした年であったが、そのなかでも長谷川は最多の28勝を挙げ、関西の新人騎手賞にあたる中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞している。

その後も勝利数を伸ばし、初年度より6年連続の2桁勝利を記録、2004年からは4年連続でフェアプレー賞受賞。2年目の2004年11月には福島記念をセフティーエンペラで制して、同期では最初の重賞制覇を成し遂げ、2006年にはダイワパッションでフィリーズレビューに勝利し、同馬で桜花賞にも挑戦した(結果は16着)。

このほか2005年にはドバイで行われた国際見習騎手チャンピオンシップの日本代表騎手に選出され第2位という成績を残している[2]

2012年9月20日付で騎手を引退し、かつて所属していた中村均厩舎の調教助手となる[3]

引退レースは9月17日、デビュー戦と同じ阪神競馬場、ダート1800mで行われた第9レース3歳以上500万条件戦。シルクコスモスに騎乗し12頭立ての9着であった。

おもな騎乗馬[編集]

騎乗成績[編集]

年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 表彰
2003年 28 18 23 372 .075 .124 .185 中央競馬関西放送記者クラブ賞
2004年 28 29 53 512 .055 .111 .215 フェアプレー賞(関西)
2005年 38 36 22 521 .073 .142 .184 フェアプレー賞(関西)
2006年 33 25 28 529 .062 .110 .163 フェアプレー賞(関西)
2007年 31 38 30 607 .051 .114 .163 フェアプレー賞(関西)
2008年 22 34 32 535 .041 .105 .164
2009年 3 14 14 320 .009 .053 .097
2010年 12 16 8 287 .042 .098 .125
2011年 12 6 6 190 .063 .095 .126
中央 207 216 216 3873 .053 .109 .165  
地方 5 7 10 70 .071 .171 .314  
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗・初勝利 2003年3月1日 1回阪神1日2R 3歳新馬 マイネサマンサ 15頭 2 1着
重賞初騎乗 2003年8月10日 2回函館8日11R 函館2歳ステークス マイネルスペリオル 14頭 7 7着
重賞初勝利 2004年11月14日 3回福島8日11R 福島記念 セフティーエンペラ 16頭 6 1着
GI初騎乗 2004年12月5日 5回阪神2日11R 阪神ジュベナイルフィリーズ コスモマーベラス 18頭 16 10着

脚注[編集]

関連項目[編集]