長谷川晃 (物理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長谷川 晃(はせがわ あきら、1934年6月17日 - )は、日本の物理学者。大阪大学名誉教授。専門は通信工学光通信)、プラズマ物理学地球物理学。日米関係などの社会学の著作もある。兵庫県芦屋市出身[1]

来歴・人物[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

所属学会[編集]

  • 米国物理学会フェロー
  • IEEEライフフェロー

主な研究業績[編集]

  • プラズマ中のBuchsbaum-Hasegawa共鳴現象の発見
  • Kinetic Alfven波の発見
  • 光情報伝送に関する基礎方程式の導出、および光ソリトンの発見とその超高速通信への応用
  • 地磁気の共鳴発生現象の解明
  • プラズマ乱流を記述する長谷川―三間方程式および長谷川―若谷方程式の導出、およびプラズマ中の帯状流の発生現象の発見
  • 双極子磁場を用いたプラズマ閉じ込め装置の発明  など。

受賞歴[編集]

  • 平成3年2月 - 英国ランク賞(サッチャー元英国首相から受賞)
  • 平成5年6月 - 郵政省志田林三郎賞(小泉郵政相から受賞)
  • 平成5年10月 - 服部報公賞
  • 平成7年9月 - 仏国ダビンチ優秀賞
  • 平成7年10月 - C&C賞
  • 平成8年5月 - 電子情報通信学会業績賞
  • 平成10年5月 - 米国IEEE/LEOS量子エレクトロニクス
  • 平成12年10月 - アメリカ物理学会 James Clerk Maxwell Prize for Plasma Physics
  • 平成13年6月 - 総務大臣表彰
  • 平成20年6月 - 日本学士院賞
  • 平成22年5月 - 瑞宝中綬章
  • 平成23年6月 - 欧州物理学会 Hans Alfvén賞

著書[編集]

  • 『アメリカは大丈夫か』(太陽企画出版、1987年)
  • 『君はもっと豊かになれる』(太陽企画出版、1986年)
  • 『老子と現代物理学の対話』(PHP研究所)
  • 『日本女性が世界を変える』(太陽企画出版、1989年)
  • 『日本の根本原理』(太陽企画出版、1990年)
  • 『母性の文明 父性の文明』(PHP研究所)
  • 『Plasma Instabilities and Nonlinear Effects』(Springer Verlag, 1975年)
  • 『Optical Solitons in Fibers』(Springer Verlag, 1989年, 1990年), 2002年)
  • 『Space Plasma Physics』佐藤哲也共著(Springer Verlag, 1989年)
  • 『Solitons in Optical Communications』(Oxford University Press, 1995年)
  • 『One world of Lao Tsu and Modern Physics』(Tanko-sha, 1993年)
  • 『Optical Solitons in Fibers』松本正行共著(Springer 2002年)
  • 『工科系の電磁気学』(岩波書店, 1995年)
  • 『物理学者長谷川晃の目からウロコの落ちる本 第1巻 生命と健康の話』(Kindle版)

主な学術論文(約300点)[編集]

  • 光ソリトンの論文, Applied Physics Letters, 23 (3), 142-144 (1973). 1000件以上の論文に引用
  • 地磁気の振動に関する論文, Journal of Geophysical Research, 79 (7), 1024-1032 (1974). 700件以上の論文に引用
  • 長谷川-三間方程式の論文, Physics of Fluids, 21 (1), 87-92 (1978). 500件以上の論文に引用

主な社会活動等[編集]

  • NASAガリレオ計画EPDチームメンバー(1985年)
  • 米国物理学会プラズマ部会長(1990年)
  • 国際高等研究所企画副委員長(1995年)
  • NTT顧問(1993年)
  • ATR研究技術会議員(1993年)
  • 通信放送機構委託研究「トータル光通信技術に関する研究開発」企画推進委員長(1995年)
  • 通商産業省新エネルギー開発機構委託研究「新ノード技術に関する研究開発」プロジェクトリーダー(1999年)
  • 日本学術振興会研究評価委員(2000年)
  • 関西サイエンスフォーラム企画委員(-現在)
  • 京都東ロータリークラブメンバー(-現在)
  • 科学カフェ京都理事(-現在)
  • 京都ギリシャローマ美術館理事(-現在)

脚注[編集]