長谷川昌史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長谷川 昌史(はせがわ まさし、1977年10月21日 - )は、日本ライトノベル作家小説家青森県青森市(旧南津軽郡浪岡町)出身[1]

経歴・人物[編集]

国際基督教大学[2]。大学在学中の1998年に、「スノウ・マジック」が第8回ゆきのまち幻想文学賞に入選。6年後の2004年には、「ひかりのまち」で第11回電撃小説大賞 <金賞>を受賞し、翌年の2005年、同作を改稿・改題した『ひかりのまち nerim's note』でプロ作家デビューした[3]。2012年にも「QC (クオンタム・クレイ)」で第22回ゆきのまち幻想文学賞に再び佳作入選している。

純文学作品を好んで読むという[1]。私淑する作家として、村上春樹村上龍大江健三郎池澤夏樹高橋源一郎丸谷才一綿矢りさの名を挙げている[2]

著書[編集]

アンソロジー[編集]

  • ゆきのまち幻想文学賞小品集 8 雪の道標 (編 : ゆきのまち通信、企画集団ぷりずむ、1999年4月) - 「スノウ・マジック」収録
  • ゆきのまち幻想文学賞小品集 22 大きな木 (編 : ゆきのまち通信、企画集団ぷりずむ、2013年4月) - 「QC」収録

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『nerim's note』シリーズ 著者紹介 より
  2. ^ a b Amazon.co.jp: 長谷川昌史:作品一覧、著者略歴
  3. ^ 『日本幻想作家事典』東雅夫石堂藍 / 編集、国書刊行会2009年発行 より

関連項目[編集]

  • Nino - イラスト

外部リンク[編集]