長谷川左近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川 左近(はせがわ さこん、文禄2年(1593年[1] - 没年不詳)は、安土桃山時代から江戸時代初期・前期に活動した長谷川派絵師長谷川等伯の四男[2]等重ともいう。

略伝[編集]

等伯の後妻・妙清の子。異母兄に長谷川久蔵宗宅、同母兄に長谷川宗也がいる。父に倣って「自雪舟六代」を称し、等伯の画業を継承したという。兄達のうち久蔵や宗宅は早世しているが、兄の宗也や異母姉の娘婿・長谷川等秀長谷川等学らは健在であり、彼らとの間に何らかの確執があったことが想定される。そのためか宗也の菩提寺である信行寺の過去帳や、3本ある長谷川家の家系図などに、左近のことは一切記されていない。

等伯の子孫らの中では、比較的多くの作品が残っている。作風は晩年の等伯の画風をよく学んだ漢画風のものが伝存し、また俵屋宗達風の装飾的な作品も残る。弟子とされる絵師に山口雪渓がいる。

代表作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「三番叟絵扁額」(新潟・実相寺蔵)の裏面にある「寛永元年九月三日 長谷川左近 卅二歳筆」墨書銘から逆算。
  2. ^ かつては画風が宗也よりやや古様なため、宗也の兄にあたり三男だと推測されていたが、前述の「三番叟絵扁額」で生年が判明したことにより、天正18年(1590年)生まれの宗也より後の生まれだと確認された。

参考資料[編集]