長谷川博隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長谷川 博隆(はせがわ ひろたか、1927年9月20日 - 2017年5月31日[1])は、日本のローマ史研究者名古屋大学名誉教授

東京都出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ハンニバル―地中海世界の覇権をかけて』(清水書院、1979年、新版1984年、新訂版2017年/講談社学術文庫、2005年)
  • 『ローマ人の世界-社会と生活』(筑摩書房、1985年)
  • 『歴史のなかの若者たち1 古代ローマの若者』(三省堂、1987年)
  • 『カルタゴ人の世界』(筑摩書房、1991年/講談社学術文庫、2000年)
  • 『カエサル』(講談社学術文庫、1994年)、下記を大幅改訂
    • 『シーザー 古代ローマの英雄』(旺文社文庫、1968年)
  • 『古代ローマの自由と隷属』(名古屋大学出版会、2001年)
  • 『古代ローマの政治と社会』(名古屋大学出版会、2001年)

共著・編著[編集]

  • 『大世界史 2 古典古代の市民たち』 村川堅太郎・高橋秀と共著 (文藝春秋、1967年)
    • 『ギリシア・ローマの盛衰 古典古代の市民たち』(講談社学術文庫、1993年)
  • 『世界子どもの歴史 2 古代ギリシア・ローマ』 三浦一郎と共著 (第一法規出版、1984年)
  • 『名古屋大学西洋史論集 1 ヨーロッパ 国家・中間権力・民衆』(名古屋大学出版会、1985年)
  • 『名古屋大学西洋史論集 2 権力・知・日常 ヨーロッパ史の現場へ』(名古屋大学出版会、1991年)
  • 『古典古代とパトロネジ』(名古屋大学出版会、1992年)

訳書[編集]

  • マティアス・ゲルツァー 『カエサル 偉大な生涯8』(筑摩書房、1968年)
    • 『ローマ政治家伝Ⅰ カエサル』(名古屋大学出版会、2013年8月)。改訳版
    • 『ローマ政治家伝Ⅱ ポンペイウス』(同、2013年8月)
    • 『ローマ政治家伝Ⅲ キケロ』(同、2014年9月)
  • 『ローマ人 歴史・文化・社会』(J・ボールスドン編、岩波書店、1971年)
  • 『世界を創った人びと2 カエサル 古代ローマの悲劇の英雄』(平凡社、1979年)、編訳
  • 『西洋美術全史3 ローマ美術』(ヘルガ=フォン=ハインツェ編・解説、グラフィック社、1980年)
  • ピエール・グリマール 『ユリウス・カエサル』〈世界伝記双書〉(小学館、1984年)
  • クリスチャン・ハビヒト 『政治家キケロ』(岩波書店、1997年)
  • テオドール・モムゼン 『ローマの歴史』(全4巻、名古屋大学出版会、2005-2007年)
    • 各題は「1 ローマの成立」、「2 地中海世界の覇者へ」、「3 革新と復古」、「4 カエサルの時代」

脚注[編集]

  1. ^ “長谷川博隆氏死去/名古屋大名誉教授”. 四国新聞. (2017年6月1日). http://www.shikoku-np.co.jp/bl/news/national/okuyami-detail.aspx?kid=20170601000380 2017年6月8日閲覧。