長船秀光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長船秀光(おさふね ひでみつ)は、備前国日本刀刀工

基光の子という。通称「右衛門尉」。 作柄としては、相伝備前、刃文は乱れ、まれに皆焼などもあり華やかな作風である。

代表作例[編集]

重要文化財
  • 太刀 銘備州長船秀光 応安二二年十月日(個人蔵)
  • 太刀 銘備州長船秀光 康暦二年二月日(根津神社
  • 太刀 銘備州長船秀光 至徳四年(以下不明)(和歌山・若宮八幡宮)