長窪城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
長窪城
長野県
別名 深山城、霞の尾城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 大井氏?、芦田氏?
築城年 不明
主な城主 大井貞隆武田氏真田氏
廃城年 1583年(天正11年)
遺構 曲輪
指定文化財 町指定史跡
位置 北緯36度16分13.1秒
東経138度16分07.3秒
地図
長窪城の位置(長野県内)
長窪城
長窪城

長窪城(ながくぼじょう)は、長野県小県郡長和町長久保にあった日本の城。長和町指定史跡[1]

概要[編集]

室町時代の応永年間に、大井氏、または芦田氏依田氏)によって築かれたといわれている。

大井氏の親類衆が長窪氏を名乗り、城主となった。戦国時代の天文12年(1543年)、甲斐の武田晴信(信玄)の軍に攻められた。相木昌朝芦田信守が内応したため、城主の大井貞隆は降伏した。

武田氏の支配となった長窪城は、武田氏が北信濃に進出するための重要な拠点となった。

信玄が長窪城に着陣し、東・北信濃を攻略したのは、天文17年(1548年)の上田原の戦い・天文19年(1550年)の砥石城(戸石城)攻略・天文22年(1553年)和田城高鳥屋城塩田城の攻略と3回あったようである。

天正10年(1582年)武田氏が滅亡すると、小県郡は真田昌幸の領地となり、天正11年(1583年)昌幸が上田城を築くと、長窪城は廃城となった。  

脚註[編集]

  1. ^ 『信州の文化財』公益財団法人 八十二文化財団

関連項目[編集]

外部リンク[編集]