長白羽神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長白羽神(ながしらはのかみ)は『古語拾遺』の天岩戸に登場する思兼神に命じられ、を育て青和幣(あおにぎて)を織ったという。神麻続機殿神社伊勢神宮に奉納する荒妙(あらたえ)を織った神麻続部(かんおみべ、神麻績部とも)の祖神とされ、白い衣類を白羽と呼んだのは長白羽神に由来するとされる。

天太玉命の同族神であるという。別名を天白羽神(あめのしらはのかみ)といい、天白信仰を長白羽神由来とする説がある。常陸国久慈郡(現茨城県常陸太田市)の式内社・天之志良波神社の祭神として祀られている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『神道大辞典』(臨川書店