兵庫県立長田高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長田高校から転送)
移動先: 案内検索
兵庫県立長田高等学校
正門付近
過去の名称 兵庫県立第三神戸中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 兵庫県の旗 兵庫県
学区 第1学区
理念 智徳体の調和的発達
設立年月日 1920年
創立記念日 4月16日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 28105A
所在地 653-0821
兵庫県神戸市長田区池田谷町二丁目5番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

兵庫県立長田高等学校(ひょうごけんりつ ながたこうとうがっこう)は、兵庫県神戸市長田区池田谷町二丁目に所在する県立高等学校

概要[編集]

1921年に第三神戸中学校として開校。エリート養成を目指した一中二中とは異なり、当時は中堅国民の育成を目標とする公立中学校であった。

現在は学区制や人口分布の変化の影響もあり、県内屈指の公立進学校となっている。近年では神戸大学進学者数が全国1位となることが多く、2007年大阪大学進学者数も全国1位であった。また、京都大学進学者数でも兵庫県の公立校としては常にトップを争う位置にいる。

部活動も盛んで、陸上競技部はリレーで全国制覇の経験もある。山岳部は近畿地方では屈指の強豪校(現在、兵庫県総体男女アベック4連覇中、近畿大会男子4連覇中)であり、インターハイ出場も多く、全国でも上位(2015年全国インターハイ団体女子準優勝、団体男子16位)。また、音楽部(全日本合唱コンクール1993年Bグループ銀賞(Bグループで混声合唱に限れば全国1位)、2012年Bグループ銅賞),NHK全国学校音楽コンクール2005年優良賞、2008年優良賞))・物理部(Supercomputing Programming Contest,日本学生科学賞、パソコン甲子園など)・ダンス部(全日本高校・大学ダンスフェスティバル)も全国大会出場の実績がある。野球部は2016年度の第88回選抜高等学校野球大会に出場。

1970年に服装自由化を実施、私服登校が認められている。ただし男子は学生服、女子はセーラー服が標準服として定められており、始業式終業式等の式典には着用が義務付けられている。

教育理念である智徳体の調和的発達の一環として「周回走」と呼ばれる長距離走が体育の授業に組み込まれ、生徒達は体育の時間の最初に必ず一周412mのグラウンドを男子6周(約2472m)、女子5周(約2060m)走る。2学期末などには12周になることもある。以前は雨の日の体育は体育館を使わず、「ロング」と称し雨の中を走った(男子が15周、女子が10周程度)。これは雷が鳴らない限り行われ、ロング用にレインパーカーを制式採用されていた(ただし購入は生徒に委ねられていた)。

2008年度卒業生(61回生)は文部科学省制定のスポーツテストで、男子・女子ともに長距離走(男子1500m、女子1000m)の学年平均タイムにて全国1位の成績を残している。

他にも体育のカリキュラムが他校より非常に厳しい。また3年2学期には累積で42.195kmの走破を目指す。プールが校内に無かった時代は兵庫高校まで走って行き、水泳の授業を実施していた。

校舎[編集]

長田商業高校(定時制)が夜間、青雲高校(通信制)が休日に使用している。所在地は「池田谷町二丁目」であるが、「池田谷町一丁目」は存在しない。これはかつての池田谷町一丁目の区域が住居表示の採用により上池田に変更されたためである。


沿革[編集]

旧制第三神戸中学校(神戸三中)[編集]

神撫会館(敷地外より)
  • 1919年8月 - 兵庫県第三神戸中学校新設が県会で議決。
  • 1920年4月17日 - 文部省告示第274号により兵庫県立第三神戸中学校設立認可。
  • 1921年4月16日 - 第1回入学式。
  • 1923年5月 - 図書館落成(現 神撫会館)。現在残っている三中唯一の建物である。2010年、国の登録有形文化財[1]
  • 1926年3月 - 第1回卒業式。同窓会 「神撫会」 結成。
  • 1932年12月26日 - 校舎の大部分を焼失、講堂・体育館・図書館を仮教室として使用。
  • 1934年5月 - 鉄筋コンクリート造の新校舎落成。
  • 1934年6月 - 旧制第二神戸商業学校(現 長田商業高等学校)と同居開始。
  • 1936年2月 - 三中校歌「日出づる国」制定。

長田高等学校[編集]

  • 1948年4月1日 - 学制改革により兵庫県立長田高等学校と改称。希望の多かった神撫にちなんだ名称は漢字制限のため実現しなかった。
  • 1949年4月16日 - 高校第1回入学式。男女共学となった。商業科を併設。
  • 1950年10月7日 - 新校歌制定(富田砕花作詞、信時潔作曲)
  • 1953年 - 応援歌・逍遥歌制定。
  • 1955年 - 商業科廃止。
  • 1957年4月 - 通信教育部併設。
  • 1961年5月 - 神撫台グラウンド竣工。
  • 1963年9月 - 南校舎完成。~1995年1月、解体中に震災に遭い崩壊。
  • 1965年4月 - 通信制課程、兵庫県立青雲高等学校として独立。
  • 1970年9月 - 服装自由化が全校投票で可決。
  • 1994年8月 - 現校舎第1期完成。11月、旧校舎の解体開始。
  • 1995年1月 - 震災により南校舎が全壊したため、旧校舎の解体作業を中断し再使用開始。
  • 1996年1月 - 現校舎第2期完成。
  • 1996年11月 - 旧校舎の解体撤去完了。
  • 2000年10月14日 - 創立80周年記念式典が神戸国際会館にて挙行される。同校OBの中内功などが列席した。
  • 2010年 - 神撫会館(旧図書館)国の登録有形文化財に登録[1]される。
  • 2016年1月29日 - 第88回選抜高校野球大会に21世紀枠として選出され、春夏通じて初の甲子園出場を決める。

教育理念[編集]

  • 智徳体を調和統一して発達せしめ、健全なる人格的基礎を築かしめること。
  • 一芸一才を見出し、これを啓培して職業的方向を自覚するに至らしめること。
  • 人間の生活すべき真の道 即ち生活の指導原理を把握するに至らしめること。

旧制神戸三中の初代校長、近藤英也の示した 「神撫教育」 が引き継がれている。新入生は今も、近藤校長が入学者の心構えを記した 「開門章」 を受け取る。近藤校長が目指したものは、個性主義・自由主義的な教育であった。

卒業生が受け取るのは、「Ad astra」(星に到らん、の意) と銘された記念メダルである。これは、校歌中の「星に至らん望み持て」のフレーズに由来する。

部活動[編集]

現在、本校に存在する部活動は以下の通りである。

運動部[編集]

文化部[編集]

特別委員会[編集]

なお、部落問題研究会は部員がいないため休部状態である。

同窓会[編集]

神撫会と称する。神撫(しんぶ)とは近くの高取山の古名「神撫山(かんなでやま)」にちなみ、学校の雅称として用いられている。

著名な卒業生[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]