長田百合子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長田 百合子(おさだ ゆりこ、1954年3月30日[1] - )岐阜県[2]益田郡萩原町(現下呂市[要出典]出身。教育評論家有限会社塾教育学院メンタルケア部門代表。同社・学習塾部門・取締役。愛知県教育委員会「愛知の教育を考える懇談会」委員、教師研修機関『埼玉師範塾』特別講師を務める。NPO「家庭教育再生機構」理事長。一般社団法人「日本家庭教育再生機構」理事長[2]、栃木市教育委員会特別講師。

人物[編集]

愛知県各所に補習塾を置く『塾教育学院』を経営する一方、同塾のメンタルケア部門の代表を務める[3]

経歴[編集]

2001年9月講談社から出版された著書「親がかわれば子どももかわる」の中で「メンタルケアとは長田百合子の造語である」と主張している。

テレビ出演はCBCの夕方のニュースから始まり、フジテレビ日本テレビテレビ朝日の夕方のニュースでレギュラー出演を5年以上務めた。朝まで生テレビには出演多数。近年では、2011年2月放送の笑っていいとものワンコーナー『あなたの知らない世界』に尾木直樹と共にゲスト出演した。7月には「爆笑問題の大変よくできました!」にも、教育評論家として出演している。また、教育委員会や学校関係者の依頼に応じて講演活動をおこなっている[2]

長田塾裁判[編集]

「長田寮」の元寮生から損害賠償(500万円)を請求された裁判において、名古屋地方裁判所の2006年12月の判決では「長田の行為は自身の社会的評価を高めるためのもの」と非難し、「本人の承諾を得ないままNHKの撮影に便宜を与えたり、『長田寮』指導員が男性をこづいたりした行為は違法」と認定したが、損害賠償請求権の時効が成立しているとして、訴えを棄却した[4]。その後、2007年9月の控訴審判決で、名古屋高等裁判所は、長田らの行為の違法性を改めて認定したうえ、一審判決を変更し長田側に100万円の賠償を命じた[5]

略歴[編集]

  • 1966年4月 - 萩原町立萩原南中学校入学。
  • 1969年4月 - 岐阜県立益田高等学校(現:益田清風高等学校 萩原校舎)入学。
  • 1970年秋 - 同級生(後の夫)と出会う。
  • 1972年4月 - マックスファクターの教育部に就職。
  • 1972年12月 - 依願退職。
  • 1974年 - 財団法人学習塾の営業部に再就職。
  • 1974年 - 結婚。
  • 1976年 - 上記財団倒産。
  • 1977年3月27日 - 長男誕生。
  • 1977年 - 塾教育センター設立。同時に不登校児のカウンセリング開始。
  • 1983年 - 夫と共に塾教育学院を設立。
  • 1985年 - 次男誕生。
  • 1986年 - 講演活動、執筆活動を開始。
  • 1997年3月25日 - 毎日新聞社から出版された著書「親なら親らしく」の中で「メンタルケア」という言葉が頻繁に使われていた為、編集者がメンタルケアとはどういう意味かと尋ねると「カウンセリングでは違うという印象を強くしたくて考えた」と長田氏は報告した。当時の毎日新聞社が調べた結果メンタルケアという言葉が実在しなかった為「長田百合子の造語」と認めた。
  • 1998年 - 学習塾部門の生徒募集で2年間雇用していた実妹・杉浦昌子と決別。
  • 1999年 - 不登校児更生施設長田寮設立。
  • 1999年 - NPO家庭教育再生機構 理事長就任。
  • 2001年9月 - 講談社から出版された著書「親がかわれば子どももかわる」の中でも「メンタルケアとは長田百合子の造語である」と認めている。
  • 2002年 - 愛知県教育委員会より「愛知県教育を考える懇談会」と「愛知県子供の心を考える会」の委員に任命される。
  • 2002年 - 塾教育学院 学習塾部門 メンタルケア部門代表取締役就任。
  • 2006年9月 - 埼玉師範塾特別講師に就任。
  • 2007年 - 栃木市教育委員会特別講師に就任。
  • 2009年 - 一般社団法人日本家庭教育再生機構理事長に就任。

著書[編集]

  • 母さんの元気が出る本(学書、1994年)
  • 親なら親らしく!―不登校・いじめ・非行におびえないために(毎日新聞社、1997年)
  • 本音でぶつかれ! 不登校、ひきこもり、非行で悩む家族へ(中日新聞社、1999年)
  • 子供なんかにナメられたらアカン!(毎日新聞社、2000年)
  • 親がかわれば、子どももかわる―イジメ・不登校・ひきこもりの現場から(講談社、2001年)
  • お母さんの親ごころ お父さんの底ぢから(新潮社、2003年)
  • 母さんの元気が出る本(新潮文庫、2003年)
  • イジメ・不登校・ひきこもりと親はどう向き合うか―子ども問題を解決する「長田式10の智恵」(大和書房、2003年)
  • 極悪ヤンキー麻衣 地獄から生還(講談社、2004年)
  • 親なら親らしく!(新潮文庫、2004年)
  • 母さんの元気が出る本〈2〉(学書、2005年)
  • 愛があるから真っ向勝負 もう悩んでいるヒマはない(MOKU出版、2005年)
  • 子ども問題撃退マニュアル(MOKU出版、2007年)
  • 子どもを壊す親たち(ワック・マガジンズ、2010年)

主なテレビ出演[編集]

連載[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長田百合子公式HP 長田百合子プロフィール
  2. ^ a b c 日本家庭教育機構HP 理事長ごあいさつ
  3. ^ 長田百合子公式HP 会社案内
  4. ^ 読売新聞 (2006年12月7日). “「長田塾」軟禁訴訟、NHKへ撮影便宜供与は「違法」”. 2006年12月8日閲覧。
  5. ^ 毎日新聞 (2007年9月27日). “引きこもり支援施設:時効認めず賠償命令 名古屋高裁”. 2007年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]