長生院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ちょうせいいん
長生院
Cho-Sei-In (wife of Asano Nagamasa).jpg
一宝宗玉大姉像(浅野長勲氏所蔵)
生誕 生年不詳
死没 元和2年2月22日(1616年4月8日)[1]
別名 やや、お祢々[2]、末津姫[3]
配偶者 浅野長政
子供 幸長長晟長重豊姫杉原長房室)、女(堀親良室)、智相院松平定綱
杉原定利朝日殿
または浅野長勝勝福院
親戚 高台院木下家定長慶院

長生院(ちょうせいいん)は、戦国時代から江戸時代にかけての女性、尼僧。浅野長政正室。名は「やや(良々)」または「お祢々[2]」、末津姫(まつひめ)[3]など。晩年は出家して宗玉と名乗る。

略歴[編集]

通説では、父は杉原定利で、母は朝日殿杉原家利の娘)とされ、姉おねと共に、浅野長勝とその後妻で(ややの叔母にあたる)七曲殿の養女となり、ややが安井重継の子長政(長吉)の妻となって、これを浅野家の婿養子として迎え入れたとされる。しかし杉原氏木下氏の系図にややに関する記述が無く、別に浅野氏の系図には、ややの父は浅野長勝で、母はその先妻の勝福院(樋口美濃守の娘)であると記述するものがあり、ややは長勝の実の娘で、おねとは義理の姉妹だったとする説もある[1][4]

兄弟に、おね(豊臣秀吉の正室・高台院)、木下家定、くま(長慶院三折全友室)がいる。長政との間には浅野幸長浅野長晟浅野長重豊姫杉原長房室)、女(堀親良室)、智相院松平定綱室)をもうけた。

慶長16年(1611年)、長政(伝正院殿)の死後は出家して、一宝宗玉と号した。(長生院は諡号。) また、長重領の真岡2万石の内3千石を隠居料とした[1]

慶長18年(1613年)、長男幸長にも先立たれる。この際、幸長に男子がいなかったため、世継ぎ争いとなり、三男長重に遺領を継がせるように希望したが、結局、次男長晟が継いだ。

元和2年(1616年)江戸にて死去。葬儀の際に徳川義直より銀100枚が下賜された。墓は、夫と同じく天目山伝正寺にある。戒名は長生院殿一宝宗玉大姉。

演じた人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 浅野史蹟顕彰会 1917, pp.39, 48-49
  2. ^ a b 「おねね」であると、姉と同音のようであるが、この説の場合は姉の方を「おや屋」もしくは「於子々」としている。
  3. ^ a b 未津姫、未津子[1]とする系図もある。
  4. ^ 手島 1920, pp.4-7

参考文献[編集]