長瀞城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長瀞城(ながとろじょう)は、戦国時代から江戸時代にかけて存在した城。現在の山形県東根市長瀞地区に城跡が残る。別名、雁城(かりがねじょう)ともいう。

歴史[ソースを編集]

鎌倉時代建長年間に西根氏によって築城されたという。時代が変遷すると最上氏の所領となり、4代目当主最上満家が隠居の為に利用した。その後は最上満種最上満宗の居城になったとも、長瀞左衛門尉が本拠を構えたとも言う。本格的に城郭が整備されるのは最上義光が入城してからである。元和8年(1622年)に最上氏が改易されると山形藩の所領となり、鳥居氏保科氏と城主は変遷する。寛文11年(1671年)、保科氏の転封に伴い天領となり、幕府が元締陣屋を設置して直轄した。その後、寛政10年(1798年)に米津氏が武川久喜からこの地に入り、長瀞藩長瀞陣屋となった。

特徴[ソースを編集]

水堀、土塁を二重に巡らせた方形輪郭式平城で、かなりの規模を持っていた。通常の城は三の丸までだが、四の丸まであったという。ただし、遺構が残存しておらず、確固たる検証はできない。

また、城跡がはっきりしている。地図を見れば明らかだが、長瀞城は町の大本になっている。特に整備がされていて、貴重な文化財として活用されることが期待される。ただし、復元された部分が多いという事には注意を要する。

出典[ソースを編集]

  • 山形県の歴史散歩(山川出版社
  • 北天の巨星 最上義光より 片桐繁雄
  • 陸奥・出羽 斯波・最上一族
  • 奥羽斯波氏諸列記
  • 東根市史

関連項目[ソースを編集]