長澤彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長澤 彩(ながさわ あや、1988年6月11日 - )は、日本女子競輪選手。現姓、佐藤[1]岐阜県各務原市出身。登録地は愛知県日本競輪学校第106期生。師匠は武井克敏(75期)。元美容師[2]

経歴[編集]

岐阜女子商業高等学校時代の2005年第36回全国高等学校バレーボール選抜優勝大会(春の高校バレー)に出場[3]。同校卒業後、中日美容専門学校を経て美容師となった。

勤務先の美容室の社長の父親が元競輪選手で、かつ、自転車愛好家だった影響を受け、自身も休日の合間を縫ってロードバイクで遠出するようになった[4]。その後、ガールズケイリンが開始されたことを受け、趣味を生かしてみたいという思いから転職を決意。2012年12月20日競輪学校第106回技能試験に合格[5]。在校競走成績は4位(24勝)[6]

2014年5月3日京都向日町競輪場でデビューし4着。初勝利は同年5月4日の同場。初優勝は同年6月7日の青森競輪場で挙げた。

2017年は、4月22日松山競輪場で通算100勝を達成。5月4日にはガールズケイリンコレクション京王閣ステージで、ガールズケイリンコレクション初優勝[7]。また、私生活では2月に同じく競輪選手の佐藤健太と結婚することが報じられ[8]、6月に入籍した。

2018年は、8月16日のガールズケイリンコレクションいわき平ステージ・アルテミス賞レースで優勝。

脚注[編集]

外部リンク[編集]