長浦駅 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長浦駅
長浦駅駅舎
長浦駅駅舎
ながうら
NAGAURA
TA13 古見 (1.4km)
(2.3km) 日長 TA15
所在地 愛知県知多市長浦一丁目400
駅番号 TA  14 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 常滑線
キロ程 18.7km(神宮前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
978人/日
-2016年-
開業年月日 1930年昭和5年)9月1日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

長浦駅(ながうらえき)は、愛知県知多市長浦一丁目にある名鉄常滑線。駅番号はTA14

駅構造[編集]

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 TA 常滑線 下り 中部国際空港方面[1]
2 上り 太田川名古屋方面[1]
  • 駅舎・改札は上下線で別々に設置されている。
  • 両ホーム共に有効長が4両分のため、6両編成以上の列車が停車するとドアカットが行われる。
  • 当駅とその前後が直線であるため、ミュースカイと特急は120 km/h、急行と準急は110 km/hで通過する。

配線図[編集]

長浦駅 構内配線略図

太田川・
名古屋方面
長浦駅 構内配線略図
常滑・
中部国際空港方面
凡例
出典:[2]


利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013平成25)年度当時の1日平均乗降人員は897人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中237位、常滑線・空港線・築港線(26駅)中23位であった[3]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992(平成4)年度当時の1日平均乗降人員は1,315人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線田神線美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中203位、常滑線・築港線(24駅)中19位であった[4]

知多市の統計によると、近年の1日平均乗降人員は下表のとおりである[5]

年度 1日平均
乗降人員
2008年(平成20年) 872
2009年(平成21年) 877
2010年(平成22年) 896
2011年(平成23年) 890
2012年(平成24年) 892
2013年(平成25年) 897
2014年(平成26年) 896
2015年(平成27年) 910
2016年(平成28年) 978

駅周辺[編集]

駅の東側は丘陵地にやや古い住宅が並ぶ。急な坂が多い。

もともと長浦駅周辺は、長浦海園文化住宅地など別荘地として開発された地域である。また海水浴場でもあったため、1927年(昭和2年)に駅に隣接する場所に鉄筋コンクリートモニュメントの「たこのターちゃん」が設置され、長らく長浦海水浴場のシンボルとして親しまれた。しかし1959年(昭和34年)の伊勢湾台風で壊滅的な被害を受けた海水浴場は、その後復旧されることなく、埋立地として造成されることになり、ターちゃんのモニュメントも1963年(昭和38年)12月に解体された。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
TA 常滑線
ミュースカイ特急快速急行急行準急
通過
普通
古見駅 - 長浦駅 - 日長駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2018年2月24日閲覧
  2. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  3. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  5. ^ 平成29年版 知多の統計 - 9.交通 (PDF)”. 知多市. 2017年10月17日閲覧。
  6. ^ 寺田裕一 『改訂新版 データブック日本の私鉄』 ネコ・パブリッシング、2013年、256頁。ISBN 978-4777013364

関連項目[編集]

外部リンク[編集]