長沼藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長沼藩(ながぬまはん)は、信濃国(現在の長野県長野市大字穂保)に存在した。藩主家は佐久間氏

概要[編集]

長沼城戦国時代から江戸時代初期にかけては武田氏上杉景勝豊臣氏森忠政松平忠輝の支配下に置かれていた。大坂の陣の戦功により、元和元年(1615年)に佐久間勝之が1万8000石で入る。 寛永11年(1634年)に勝之は死去し、その跡を次男の佐久間勝友が継いだ。このとき、勝友は長兄勝年の子・勝盛に5000石を分与している(長沼知行所)。勝友の死後は長男の佐久間勝豊が継いだ。このとき、3000石を弟の佐久間勝興に分与している(赤沼知行所)。勝豊の跡は養嗣子の佐久間勝親秋月種信の五男)が継いだ。勝親は貞享5年(1688年)に御側小姓に任じられたが、病と偽って出仕しなかったことを咎められて改易され、その身は丹羽長次に預けられた。これにより、長沼藩は廃藩となった。

なお、勝友の弟勝種の子、盛遠(あるいは盛充)が勝興の養子となっており、後に赦されて家督を相続、200俵高で幕臣となった。

歴代藩主[編集]

佐久間家

外様 1万8000石→1万3000石→1万石 (元和元年(1615年) - 貞享5年(1688年)5月15日)

  1. 佐久間勝之(かつゆき) 従五位下 大膳亮 (元和元年(1615年) - 寛永11年(1634年)11月12日)
  2. 佐久間勝友(かつとも) 従五位下 蔵人 (寛永12年(1635年) - 寛永19年(1642年)7月1日)
  3. 佐久間勝豊(かつとよ) 従五位下 安房守 (寛永19年(1642年)7月 - 貞享2年(1685年)8月21日)
  4. 佐久間勝親(かつちか) (貞享2年(1685年)10月22日 - 貞享5年(1688年)5月15日 除封)

分家[編集]

勝盛家(長沼知行所)[編集]

信濃国水内郡、近江国高島郡、5000石 (寛永12年(1635年) - 正保3年(1646年)9月29日)

  1. 佐久間勝盛(かつもり) 無嗣断絶。

勝興家(赤沼知行所)[編集]

信濃国水内郡、近江国高島郡、3000石 (寛永19年(1642年)閏9月1日 - 天和2年(1682年)8月11日)

  1. 佐久間勝興(かつおき) (寛永19年(1642年)閏9月1日 - 寛文4年(1664年)5月15日)
  2. 佐久間盛遠(もりとお) (寛文4年(1664年)12月10日 - 天和2年(1682年)8月11日 除封)

外部リンク[編集]