長沼秀世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長沼 秀世
生誕 1937年
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究機関 津田塾大学
ミシガン大学
ニューヨーク市立大学
ノースカロライナ大学
研究分野 アメリカ社会経済史
母校 東京都立大学(学部)
一橋大学(大学院)
テンプレートを表示

長沼 秀世(ながぬま ひでよ、1937年 - )は、日本の経済学者歴史学者津田塾大学名誉教授。専門はアメリカ社会経済史

来歴[編集]

1960年東京都立大学人文学部卒業。1966年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得後退学。指導教官は小原敬士[1]ウィスコンシン大学留学。1966年津田塾大学講師となり、のち助教授・教授を歴任。この間、ミシガン大学ニューヨーク市立大学ノースカロライナ大学研究員。2004年「アメリカ社会運動史研究 産業別組織会議 (CIO) の諸問題」で一橋大社会学博士。2008年定年。

著書[編集]

  • 『ニューヨークの憂鬱 豊かさと快適さの裏側』中公新書 1985年
  • 『アメリカの社会運動 CIO史の研究』彩流社 2004年
  • ウィルソン』世界史リブレット、山川出版社、2013年

共著[編集]

  • 『アメリカ現代史』新川健三郎共著 岩波書店 1991年 世界歴史叢書
  • 『世界の歴史 26 世界大戦と現代文化の開幕』木村靖二柴宜弘共著 中央公論社 1997年 のち文庫

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]