長沼毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長沼毅
人物情報
生誕 1961年4月12日(53歳)
日本
居住 日本
国籍 日本
出身校 筑波大学
学問
研究分野 生物学
研究機関 広島大学
主な業績 極限環境の生物学
テンプレートを表示

長沼 毅(ながぬま たけし、1961年4月12日 - )は、日本生物学者理学博士)。広島大学准教授。専門は、生物海洋学、微生物生態学、極地・辺境等の苛酷環境に生存する生物の探索調査。

人物[編集]

極限環境に存在している珍しい細胞を探検する目的で研究者として南極北極に派遣された経験がある。

宇宙飛行士に憧れ宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)が募集する宇宙飛行士採用試験に応募。二次選考(準決勝)まで残るも落選した(採用者は野口聡一)。

極地・僻地でのフィールドワークを中心とする研究を行っており、テレビ出演時には「科学界のインディ・ジョーンズ」と紹介されている。

地球科学全般を研究対象としており、天文学火山研究地質学気象学にも精通している。放送大学教養学部「太陽系の科学('10)」では分担講師と執筆(2/15回)を担当している。

経歴[編集]

神奈川県立希望ヶ丘高等学校筑波大学第二学群生物学類卒業。1989年 筑波大学大学院生物科学研究科修了。理学博士号を取得。

海洋科学技術センター(現・海洋研究開発機構)研究員、米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校海洋科学研究所客員研究員を経て、1994年広島大学大学院生物圏科学研究科助教授。現在、同大学准教授。第52次南極観測隊員。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『深海生物学への招待』 1996年、NHKブックス
  • 『生命の星・エウロパ』 2004年、NHKブックス
  • 『深層水「湧昇」、海を耕す』 2006年、集英社新書
  • 『宇宙がよろこぶ生命論』 2009年、筑摩書房
  • 『辺境生物探訪記』2010年、光文社新書
  • 『生命の起源を宇宙に求めて ―パンスペルミアの方舟』 2010年、化学同人
  • 『形態の生命誌』2011年、新潮社
  • 『世界をやりなおしても生命は生まれるか?』2011年、朝日出版社
  • 『14歳の生命論 ~生きることが好きになる生物学のはなし?』2011年、技術評論社
  • 『私たちは進化できるのか ~凶暴な遺伝子を超えて~』2011年、廣済堂出版
  • 『生命には意味がある 』2012年、メディアファクトリー
  • 『時空の旅人 辺境の地をゆく 』2012年、MOKU出版
  • 『生命とは何だろう?』2013年、集英社インターナショナル

解説など[編集]

放送出演[編集]

外部リンク[編集]