長沢東城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
長沢東城
富山県
別名 家老屋敷城、菅谷砦
城郭構造 山城
築城主 不明
築城年 戦国時代
主な城主 不明
廃城年 不明
遺構 曲輪土塁、空切岸、枡形虎口、大手道
指定文化財 未指定
位置
地図
長沢東城の位置(富山県内)
長沢東城
長沢東城

長沢東城(ながさわひがしじょう)は、富山県富山市婦中町長沢にあった日本の城家老屋敷城(かろうやしきじょう)、菅谷砦(すげたにとりで)ともいう。

規模・概要[編集]

無常山標高約120メートル)の山頂に築かれた山城である。比高差は約70メートル。谷を挟んで西には越中国長沢西城がある。長沢西城を「長沢城」長沢東城「長沢城の家老の屋敷」とする意見もあるが、どちらかと言えば長沢東城の方が全体的に高い位置にあり、長沢西城には狼煙台があるなど疑問点も残る。なお富山市公式の埋蔵文化財包蔵地地図(インフォマップとやま)では、長沢東城を「家老屋敷城(遺跡番号509)」、長沢西城を「長沢城(遺跡番号510)」とし、菅谷砦を「菅谷城(遺跡番号483)」として東城・西城の北西にある別城と捉えている[1]

虎口は枡形虎口で、他の遺構とは一線を画している。ちなみに虎口から下ったところには二つの屋敷跡がある。虎口から入って最初の郭が最も大きく東西約50メートル、南北約75メートル。周りを土塁と切岸で防備している。その東には虎口を見張る形で三角状の郭が張り出しており、これを含めて都合7つの郭を有している。

歴史[編集]

築城者については判然とせず、誰かが長期的に拠点としたという記述も見受けられない。枡形虎口など大手口周辺の堅固な造りから、戦国時代に築かれたのではないかとされている。

現在[編集]

自然公園に隣接していることもあり、散策路が設けられているなど整備されて、郭ごとに現在位置を示す案内板がある。付近には王塚・千坊山遺跡群(国の史跡)や「北の比叡山」として栄え後には富山藩主の尊崇も集めた各願寺など名所も多い。

脚注[編集]

関連項目[編集]