長江有祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長江 有祐 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1985-07-19) 1985年7月19日(35歳)
出身地 日本の旗 岐阜県多治見市
身長 1.71 m (5 ft 7 12 in)
体重 105 kg (16 st 7 lb)
学校 春日丘高校
大学 京都産業大学
愛称 ちょーさん
ラグビーユニオン経歴
ポジション プロップ(PR)
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
2001-2004
2004-2008
春日丘高校
京都産業大学
()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2008-2014
2014-2020
2020-2021
リコー
豊田自動織機
近鉄
()
代表
チーム 出場 (得点)
2012-2021  日本 18 (0)
更新日:  2021年5月3日
■テンプレート

長江 有祐(ながえ ゆうすけ、1985年7月19日 - )は、日本の元ラグビー選手。

人物[編集]

来歴[編集]

春日丘高等学校京都産業大学卒業後、2008年リコーに加入[1]。同年9月14日に行われたトップイーストリーグ第2節の秋田ノーザンブレッツ戦にて先発出場で公式戦初出場を果たす[2]

2012年4月28日に行われたアジア5カ国対抗カザフスタン戦で日本代表初キャップを獲得した[3]

また同年に行われたラグマッチョ総選挙でリコーブラックラムズ代表となり最終14候補に選出される[4]

2014年豊田自動織機シャトルズへ移籍した[5]

2015年ラグビーワールドカップ2015のバックアップメンバーに選出された[6]

2020年近鉄ライナーズに加入[7]

2021年、現役を引退した[8]

出典[編集]

  1. ^ 2008-2009加入選手のお知らせ . リコーブラックラムズ公式サイト(2008年4月11日). 2018年2月1日閲覧。
  2. ^ ジャパンラグビートップイーストリーグ11 第2節 . 日本ラグビーフットボール協会. 2018年2月1日閲覧。
  3. ^ エディーJAPAN 発進! 13トライ完勝、10名初キャップ . ラグビー共和国 (2012年4月28日). 2018年2月1日閲覧。
  4. ^ 鍛え抜かれた肉体美を競う トップリーグ「ラグマッチョ総選挙」開催 . ラグビー共和国 (2012年9月10日). 2018年2月1日閲覧。
  5. ^ 豊田自動織機 2014年度新加入選手 . 豊田自動織機シャトルズ公式サイト. 2018年2月1日閲覧。
  6. ^ 日本代表「ラグビーワールドカップ2015」最終登録メンバー . 日本ラグビーフットボール協会 (2015年8月31日). 2018年2月1日閲覧。
  7. ^ 近鉄、元日本代表プロップ長江有祐獲得…ラグビー・トップチャレンジリーグ . スポーツ報知(2020年5月7日). 2020年5月7日閲覧
  8. ^ トンプソンの後継者といわれたストーバークが近鉄退団 有水ヘッドコーチの退任も発表 . ラグビー共和国(2021年5月3日). 2021年5月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]