長母寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長母寺
Tyoubojihondou.JPG
所在地 愛知県名古屋市東区矢田3-13-71
位置 北緯35度11分49.14秒 東経136度56分41.76秒 / 北緯35.1969833度 東経136.9449333度 / 35.1969833; 136.9449333座標: 北緯35度11分49.14秒 東経136度56分41.76秒 / 北緯35.1969833度 東経136.9449333度 / 35.1969833; 136.9449333
山号 霊鷲山
宗旨 臨済宗
宗派 東福寺派
本尊 阿弥陀如来
創建年 治承3年(1179年
開基 山田重忠
正式名 霊鷲山長母寺
札所等 尾張三十三観音28番
文化財 木造無住和尚坐像
法人番号 8180005001431
テンプレートを表示

長母寺(ちょうぼじ)は、愛知県名古屋市東区にある臨済宗東福寺派の寺院。山号は霊鷲山。本尊は阿弥陀如来

歴史[編集]

治承3年(1179年)にこの地の領主であった山田重忠の開基により創建された。当初は天台宗に属しており亀鐘山桃尾寺と号したが、弘長3年(1263年)に無住一円が入寺して以降禅宗寺院となり、山号・寺号が現在のものに改められ、一時末寺93ヶ寺を数えるほど隆盛した。また、無住はこの寺で『沙石集』のほか『正應年中萬歳楽』を著し、これが尾張万歳の起源となったとされる。[1] 中世には代々武家の帰依を得て北条氏足利氏織田氏などから寺領を寄進され、文禄年間(1593年 - 1596年)の太閤検地によって寺領が没収され一時衰退した時期もあるが、江戸時代前期の天和2年(1682年)に尾張藩二代目藩主徳川光友の命により、禅僧・雪渓恵恭が再興している。

年表[編集]

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 木造無住和尚坐像[2]
  • 無住道暁筆文書[2]
    • 六祖偈
    • 置文(嘉元三年三月七日)
    • 夢想記 

登録有形文化財[編集]

所在地[編集]

愛知県名古屋市東区矢田3-13-71

交通[編集]

出典[編集]

  1. ^ 元守山村・長母寺
  2. ^ a b 国指定文化財”. 名古屋市. 2016年7月17日閲覧。
  3. ^ 長母寺本堂”. 国指定文化財等データベース(文化庁). 2016年7月17日閲覧。
  4. ^ 長母寺山門”. 国指定文化財等データベース(文化庁). 2016年7月17日閲覧。
  5. ^ 長母寺庫裡”. 国指定文化財等データベース(文化庁). 2016年7月17日閲覧。
[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]