長森城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
切通陣屋跡

長森城(ながもりじょう)は、現在の岐阜県岐阜市切通6丁目にあった、平安時代鎌倉時代から戦国時代にかけての日本の城である。廃城後には同じ地に切通陣屋が築かれる。

長森城の歴史[編集]

文治年間1185年、長森庄(現岐阜市長森)の地頭渋谷金王丸が長森城を築城する。

南北朝時代1339年暦応2年)、美濃国守護職土岐頼遠土岐郡(現土岐市)からこの長森城に移り、城郭としての整備をする。その後代々土岐氏が城主となる。

1353年(文和2年)長森城が手狭になったため、土岐頼康川手城を築城、本拠地を川手城に移す。長森城は土岐氏の土岐直詮が城主となる。土岐氏は以後川手城を本拠地とする。

廃城時期は不明だが、斎藤道三美濃国を支配し、拠点を稲葉山城に移した頃と思われる。

切通陣屋の歴史[編集]

1755年宝暦5年)、安藤信成加納藩藩主となるが、翌年陸奥国磐木平に移封される。安藤信成は平藩藩主となるが、やがて老中となる。この実績により、美濃国1万8千石が増やされる。この地を治めるために、1803年享和3年)11月、かつての長森城址に切通陣屋が築かれる。以後、安藤氏が治めることとなる。

明治時代となり、廃藩置県が行われ、切通陣屋は廃止され笠松県の一部となる。

現在[編集]

長森城、切通陣屋の形跡は全くない。旧中山道の近くにある切通観音とその周辺が址である。石碑等が残っている。

関連項目[編集]