長松清潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長松清潤住職.jpg

長松 清潤(ながまつ せいじゅん、1969年3月1日 - )は、本門佛立宗の僧侶。本化院日桜(ほんげいんにちおう)。

京都市出身。幕末維新の仏教改革者・長松清風より五代目、長松家宗主。本門佛立宗由緒寺院・京都長松寺[1]、横浜妙深寺[2]住職。長野本晨寺[3]前住職。

京都佛立ミュージアム館長、(財)佛立生活文化研究所[4]代表理事、(財)100万人のクラシックライブ[5]理事、渋谷龍馬会[6]特別顧問、日蓮聖人門下連合会[7]理事。

略歴[編集]

  • 立正高等学校を経て帝京大学文学部教育学科卒業。大学在学中、プロジェットスキーヤーとして活躍。アマチュアフリースタイル全日本年間チャンピオン。440㏄スーパーストック全日本年間チャンピオン。映画「時間よとまれ」[8]、「彼女が水着にきがえたら」等に出演、2度の世界選手権出場の他、全日本ジェットスキー学生連盟初代会長。
  • 大学卒業後、京都本山宥清寺に入寺、佛立教育専門学校入学。1993年卒業。
  • 1998年、「ヒロミのアメリカ縦断6000km!!ミシシッピ川激励の川下り15日間!汗と涙」(1999年1月3日、テレビ朝日)の番組制作に参画し、ジェットスキーによるミシシッピ川6000キロの踏破。
  • 2000年、京都長松寺、横浜妙深寺住職に就任。
  • 2012年、京都佛立ミュージアム第二代館長に就任。
  • 2014年、妙深寺スリランカ・コロンボ別院設立。
  • 2014年、妙深寺インド親会場設立。
  • 2015年、長野本晨寺住職に就任。
  • 2016年、妙深寺ネパール親会場設立。
  • 2016年8月、NHKカルチャー青山教室の定期講座開始。
  • 2017年1月、日蓮聖人門下連合会理事に就任。
  • 2018年10月、本門佛立宗弘通局海外部長に就任。
  • 2019年2月、妙深寺ネパール別院設立。
  • 2019年7月、本晨寺住職を堤深恭に継承し、退任。
  • 2019年10月より、FMヨコハマの番組[9]『YOKOHAMA LAGOON[10](横浜ラグーン)』のレギュラーパーソナリティを務める。
  • 現在は、国内布教並びに海外弘通僧として、スリランカ、インド、ネパール、シンガポール、イタリア、ブラジルをはじめ、世界各地で活動する気鋭の僧侶。

著書・作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]