長春包囲戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長春包囲戦
PLA at the end of the Siege of Changchun.jpg
人民解放軍による攻囲により陥落した長春
戦争国共内戦
年月日1948年5月23日 - 10月19日
場所中国吉林省長春市
結果中国共産党の勝利
交戦勢力
Flag of the Republic of China Army.svg 国民革命軍 People's Liberation Army Flag of the People's Republic of China.svg 東北人民解放軍
指導者・指揮官
鄭洞国 蕭勁光
戦力
~100,000人 100,000人
損害
95,855人
120,000~650,000人(民間人
6,508人
第二次国共内戦

長春包囲戦(ちょうしゅんほういせん 中国語: 長春圍困戰)とは、中国国民党軍によって守られた長春市(旧満州国首都新京)に対して中国人民解放軍によって行われた包囲作戦(兵糧攻め)のことである。1948年5月23日から10月19日までの150日間続いた。長春包囲戦は遼瀋戦役の一部であり、長春の陥落につき遼瀋戦役の第一段階が終了した。中国共産党の作戦で長春に長期食糧封鎖したため、中国国民党軍以外の約30万人の一般民衆も餓死に追い込まれた [1]

経緯[編集]

1948年5月23日、人民解放軍は中国国民党軍に守られた長春に対して包囲を敷き始め、空輸を停止した。包囲の間、人民解放軍は林彪によって指揮されていた。林ははじめ、4月に長春を攻撃するつもりであったが包囲が完成した後は彼の注意は他の都市へと移った。林は最終的に10月には長春を陥落させるつもりだった。毛沢東は林に先の都市では5カ月もかからなかったと林を嘲笑する電報を送り、林に錦州を攻めるよう命令した[2]

その後錦州陥落の情報が長春に届き、国民党軍の指揮官の鄭洞国将軍は大部分の幹部と共に中国人民解放軍に投降した。この中国国民党軍第60軍および新第7軍の投降によって1948年10月19日に中国人民解放軍が長春に入り、150日に及ぶ包囲戦は終了した。鄭洞国らは毛個人の命令で人民解放軍のポストが与えられた[3]

包囲の間、人民解放軍は役に立つ人以外は一切外に出さず、密輸者は即座に銃殺するほど徹底的に兵糧攻め作戦を行い、その結果市内では餓死者が続出した。最終的な餓死者は33万人に達し、国民党軍が降伏する間の5か月間に50万人だった市内の人口は17万人にまで減少した。人民解放軍が市内に初めて入って見た光景は餓死者の死体の山だった。

中国人民解放軍による一般民衆大量餓死[編集]

  • 1989年8月六四天安門事件の2カ月後に張正隆中佐(zh:张正隆)が執筆した雪白血紅(zh:雪白血红)という本が中国人民解放軍出版社によって出版された。この本によると、長春包囲戦の間に150,000人の一般市民が餓死し、市から脱出しようとした一般人は国民党軍への食糧供給に圧力をかけるために追い返されたと記している。張中佐は中国革命(en:Chinese Revolution)が「コストに見合う価値がない」と考え、林彪軍の技術を毛沢東よりも優れていると称賛した。彼はまた、中国共産党幹部は国共内戦の間にアヘン取引で私腹を肥やしたと主張した[4]。当時の国家主席楊尚昆は雪白血紅が「共産党を侮辱している」と述べ、1990年の春に雪白血紅を発禁とした。
  • 長春包囲網時に長春で7歳だった遠藤誉は中国共産党軍による国民党軍統治下の長春を食糧封鎖したため、約30万人の民衆が餓死に追い込まれた周囲の飢餓極限状態の実録として『チャーズ 中国建国の残火』を出版している[5]

関連項目[編集]

参考資料[編集]

张正隆『雪白血红 中国革命斗争报告文学丛书辽沈战役卷』(解放军出版社)1989年(中国語) ISBN 9787506510486

出典[編集]

  1. ^ チャーズ 中国建国の残火、 2012年12月、遠藤 誉
  2. ^ Westad, Odd Arne. Decisive encounters: the Chinese Civil War, 1946-1950. Stanford University Press, 2003. p. 194.
  3. ^ Westad, p. 197.
  4. ^ Pomfret, John. Red Army Starved 150,000 Chinese Civilians, Books Says. Associated Press; The Seattle Times. 2009-10-02. URL:http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=19901122&slug=1105487. 2010/11/13閲覧(Archived by WebCite at http://www.webcitation.org/5kEN5bTlE)
  5. ^ チャーズ 中国建国の残火、 2012年12月、遠藤 誉
第二次国共内戦