長崎謙二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長崎謙二郎(ながさき けんじろう、1903年11月19日-1968年6月14日)とは、日本小説家である。主な経歴としては、1940年に第26回サンデー毎日大衆文芸で「足柄峠」で入選、1941年に第14回直木賞で「為政者」 が候補になり、1943年第6回新潮社文芸賞に「元治元年」が候補になった実績がある。

著書[編集]

翻訳[編集]

参考文献[編集]